赤ちゃんは親を選んで産まれてくること 「母脳(著者:黒川伊保子さん)」に救われた話

母の想い

こんにちは、むしゃむしゃブログに住む、むしゃ子です。

実は私、長女のむしゃ美を出産後、自分を責めていた時期がありました。

そんなある時、ある本に出会えたことで、心が軽くなり、救われました。

その本の題名は「母脳 母と子のための脳科学」著者は黒川伊保子さんです。

この本を通して、私にどのような心境の変化があったのか。興味があれば読んで頂けると嬉しいです。

健康に産んであげれなくて、ごめんね

長女のむしゃ美は生まれてすぐ、心臓の病気によって脳への血流が減少したことで、脳室周囲白質軟化症という病気を患ってしまいました。(詳細はこちらの記事を参照ください)

この脳の病気によって、将来脳性麻痺になる可能性があること、足の筋肉の緊張が高くなり、関節が硬くなる可能性があること、そして歩けないかもしれないということを主治医から説明がありました。

自分の中で病気について整理すると、子宮内感染症の影響により破水をして、35週で産まれることなく、予定日近くで産んであげれていれば、もしかしたら脳の病気を患わずに済んだんじゃないかと。

破水をしてしまったのは自分のせいであると、自分を責めていた時期がありました。

そして、本当にむしゃ美に対して申し訳ない気持ちでいっぱいでした。(詳しくはこちらの記事を参照ください)

「子は親を選んで産まれてくる」ことは本当だった

そのように思っている時期に、図書館である本に出会いました。

それが、「母脳 母と子のための脳科学」脳科学者の黒川伊保子さんが執筆された本です。

私はもともと脳の仕組みや脳科学が好きであることもあって、たまたま手に取った本でした。

はじめの文章はこのように書かれていました。

私たちは、選ばれて母になった。

「子は、親を選べない」というのは、脳科学上、嘘である。

子は、母を選んで産まれてくる。少なくとも、母親だけは。

この章では、母であることの特別さについて語ろうと思う。

黒川伊保子著者:母脳 母と子のための脳科学 株式会社ポプラ社 東京都 2017年発行

この文章を読んで、初めに思ったのは「本当に?子どもが親を選ぶなんて、嘘でしょ?」。

私は病気を持った子どもが産まれてきて、周囲の人たちに、「この子はちゃんと医療職で頼りになる、お父さんとお母さんのもとに生まれてきたのね。」や「お父さんとお母さんを選んで生まれてきたのね」と言われてきたのですが。

正直私は、慰めの言葉としか思っていませんでした。

そして、会話の一部である、としか思っておらず、あまり信じていませんでした。

しかし、この本にはそれを否定する、即ち、「子どもは親を選んで産まれてくる」ことが脳科学的な視点で書かれていました。

実際に、この黒川さんが体験された、息子さんとのエピソードがとても印象的で、とても心が熱くなったのを覚えています。

「ゆうちゃんは、ママのお腹の中にいたんだよね」「うん」

「で?その前、どこにいたの?」

ここまで慎重を期しながらも、私は、彼の答えを期待していないかった。引きだせるなんて、奇跡に近い。しかし、彼は教えてくれたのだった。

「ママ、忘れちゃったの?」と、彼は、いぶかしげな顔でトレーナーの中から出てきた。「ゆうちゃん、木の上に咲いていたじゃない。で、ママと目があって〜。それでもって、ここにきたんだよ」と言いながら。

まるで美しい詩のようだった。涙があふれて止まらなかった。

黒川伊保子著者:母脳 母と子のための脳科学 株式会社ポプラ社 東京都 2017年発行

この文章の後、発生学的に、脳科学的にさまざまなことを述べられており、「子は母を選んで生まれてくる」ことが事実であることを述べられています。

読んでみて、私は理解し、納得し、腑に落ちました。

そして、我が子であるむしゃ美も、私を選んで産まれてきてくれたのだと素直に思えるようになりました。

今まで、むしゃ美が脳の病気を患ってしまったことが、自分のせいであると思ってきましたが。

この本に出会えたことで、考えが変わりました。

むしゃ美は、心臓と脳の病気を患って生まれてきた、それはむしゃ美の運命であったこと。それが個性であること。

そして私たちを信じて、親として選んで産まれてきてくれたこと。

それがわかった瞬間、一生、守り抜いていこうと決心がついたのでした。

まとめ

今回は、ある本に出会えたことで、心境が変わり、救われたことを書きました。

これは病気を持っている子どもをもつ親だけではなくても、心に響く内容であると思っています。

この本は脳科学的な視点から育児に関して、様々なことが書かれています。

私も知らないことだらけでびっくりしました。

もし興味があれば、手に取ってみてください。

以上です。最後まで読んでくださってありがとうございます。

母の想い

30代 元作業療法士 専業主婦
長女(むしゃ美)の病気や障がい、リハビリや発達
障害福祉サービス
今までの経験、気づき、考え方などを発信中
ーーーーーーーーーー
むしゃ美(長女)
卵円孔早期閉鎖、動脈管開存症(Ope済)
脳室周囲白質軟化症(PVL)、脳出血、点頭てんかん(服薬中)
脳性麻痺に対して、PT・STあり。発達ものすごくゆっくり

むしゃ子をフォローする
むしゃ子をフォローする
むしゃむしゃブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました