ありがたいサービス。日帰りの医療型短期入所

制度・サービス

こんにちは、むしゃむしゃブログに住む、むしゃ子と言います。

今回は現在利用している、日帰りの医療型短期入所についてです。

ショートステイの日帰り版であると、私は理解しています。

その概要を今回は書きます

興味があれば、是非読んでいってください。

障がい者総合支援法に基づく障がい福祉サービス

現在むしゃ美が通っているリハビリ施設に日帰りの医療型短期入所があることを知りました。

これは障がい総合支援法に基づく、障がい福祉サービスだそうです。

対象は重症心身障がい児

ん?むしゃ美は重症心身障がい児なのか?

と持ったのですが、身体障害者手帳を持っているので、

病院側が勧めてくれたのだと思っています。

サービスを受けるためには受給者証が必要なので、市役所に行きました(受給者証については別記事で書く予定です)

市役所に行くことが多いので、正直、また行かないといけないのかと思ったのですが、

むしゃ美のため、私のためと思い、頑張って行きました。

利用回数は受給者証に記載された範囲内かつ週1日まで

未就学児は曜日が固定されます。

病院側と相談して決定します。

むしゃ美の他院への通院と私のコンディションを考えると木曜日が良かったのですが、

利用者が多い曜日とのことで、

無理やり入れると、むしゃ美のために、絶対に良くないと思ったので、

火曜日になりました。

時間帯は9時半から15時半。

費用は受給者証に記載されている負担額の上限があって、

むしゃ美の場合は1ヶ月に4600円となりました。

この金額、ものすごくありがたかったです。

というのも、保育園に一時預かりの費用に比べて、かなり安いのです。

具体的には、私の住む地域の保育園の費用と比べるとほぼ半額になります。

児童発達支援(デイサービス、療育)とは異なる

よく似たサービスに児童発達支援や放課後デイサービスがありますが、全く異なるサービスです。

市役所の方も混同されていることが多いため、手続きの際は気を付けるように、病院のスタッフの方からも注意喚起がありました。

具体的な違いは以下の通りです。(頑張って調べたつもりですが、間違っていたら教えてください!)

今回、私たちが利用することになったのは、医療型短期入所で、日帰りのサービスです。

宿泊のサービスもありますが、まずは日帰りからということにしました。

サービスの説明から3ヶ月後に正式な利用へ

利用開始までに様々なことを乗り越える必要がありました。

まず、利用の許可をもらうために、医師の診察が必要でした。

その時に心身の状況と普段の生活の様子を伝えました。

むしゃ美は現在、脳波で発作波があり、発作のような症状があることを伝えました。

診察で許可を頂いた後、体験入所をします。(体験入所については別記事で書きます)

そこで、本当に利用可能かどうかを確認してもらいます。

そして、その許可が下りれば、サービス利用の契約の手続きを行います。

本当は受給者証が下りてから、利用するのですが、

交付までに時間がかかり、利用して3週間後に届き、病院へ提出しました。

まとめ

今回は、現在むしゃ美が利用している、日帰りの医療型短期入所についての概要を書きました。

親にとってみれば、本当にありがたいサービスです

このようなサービスがあることを伝えてくださったことに本当に感謝します。

以上です。最後まで読んでくださってありがとうございました。

制度・サービス母の想い

30代 元作業療法士 専業主婦
長女(むしゃ美)の病気や障がい、リハビリや発達
障害福祉サービス
今までの経験、気づき、考え方などを発信中
ーーーーーーーーーー
むしゃ美(長女)
卵円孔早期閉鎖、動脈管開存症(Ope済)
脳室周囲白質軟化症(PVL)、脳出血、点頭てんかん(服薬中)
脳性麻痺に対して、PT・STあり。発達ものすごくゆっくり

むしゃ子をフォローする
むしゃ子をフォローする
むしゃむしゃブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました