足首のストレッチと体重を乗せる練習で立つことができた!

リハビリ・発達

こんにちは、むしゃむしゃブログに住む、むしゃ子と言います。

前回は股関節のストレッチについて、書きました。

今回は、足首のストレッチの方法を書きます。

今後、立つ、歩くなどの動作に向けて、かなり重要な関節だと思っています。

是非、読んで頂けると嬉しいです。

足首の関節の硬さを診る方法

しっかり膝をやや曲げた状態で、つま先をしっかり頭側に曲げます。

筋肉の力が強いので、負けないように曲げます。(写真はわかりやすく撮るために、片手で行なっています)

大体、この角度が20°くらいあれば良いと考えられています。(赤線)

実際のむしゃ美の角度(青線)は25度でした。

これくらいなんだなと思って頂ければ良いと思います。

よって、むしゃ美は足首の制限(関節の硬さ)はありませんでした。

ふくらはぎの筋肉の力が入りやすい

むしゃ美は、足首の関節の制限はありませんが、筋肉に力が入りやすいです。

なぜそう思うのかを説明します。

ふくらはぎの筋肉は、つま先でグッと床を押し、かかとを上げる筋肉です。

立った時、本来ならば、足の裏全体が地面につくはずなのですが、

むしゃ美を介助で立たせると、つま先立ちになってしまいます。

なので、この筋肉は力が入りやすくなっていると考えています。

そのため、必ず、しっかりとストレッチをするようにしています。

今のところは足首の関節の制限は認められないものの、筋肉に力が入りやすい状態で、常につま先がピーンとなっているので、関節が固まってしまうのではないかが、心配です。

そのためにも、なるべく、足首のストレッチをするように心がけています。

足首のストレッチの方法

硬さを診るときの方法と同様に、膝を伸ばした状態で、つま先をしっかり頭側に曲げます。

しっかり曲げた状態で、数秒〜数十秒保持します。私はいつも10秒ほど行なっています。

前回の記事でも書きましたが、無理は禁物です。

必ず、痛すぎないか、表情を確認しながら行なってみてください。

☆応用編 足に体重をかける練習

今後、立つ、歩くに向けて行う練習内容です。

足首の関節を良い形に保持しながら、ふくらはぎの筋肉に力を入れる練習です。

私がいつも行っている方法は

・私があぐらになり、私の足首の上にむしゃ美を座らせます。

・しっかりむしゃ美の足首を掴みます。

・足の裏全体を地面につけて、足首をもち、体重がかかるように、むしゃ美全体を前方へ移動させます。

 その際に、むしゃ美が前方へ倒れて行かないように、自分の腕全体で支えます。

・前後に揺れたり、左右に揺れたりしながら、足にしっかり、体重がかかるようにします。

日々の練習の効果が出た!

寝て行うストレッチと同様に、この足に体重をかける練習を日々行った結果、

リハビリの時、理学療法の先生が同じような練習をすると、

以前はものすごく嫌がっていたのが、機嫌良く行えるようになりました。

さらに、立つ練習の時に、以前まではかかとがつかなかったのが、

少し手伝ってあげるだけで、足裏全体を地面についた状態で、立つことができるようになりました。

やっぱり、毎日の積み重ねって大切だなぁと思いました。

これからも、続けていく予定です。

まとめ

股関節のストレッチに続き、今回は足首のストレッチと、いつも私が行っている体重をかける練習について書きました。

体重をかける練習については、初回のリハビリの時に理学療法の先生に教えてもらったことです。

今後、立つ、歩くにつながるリハビリの内容だと思っているので、欠かさず行なっています。

少しでも参考になれば嬉しいです。

以上です!最後まで読んでくださってありがとうございます!

リハビリ・発達

30代 元作業療法士 専業主婦
長女(むしゃ美)の病気や障がい、リハビリや発達
障害福祉サービス
今までの経験、気づき、考え方などを発信中
ーーーーーーーーーー
むしゃ美(長女)
卵円孔早期閉鎖、動脈管開存症(Ope済)
脳室周囲白質軟化症(PVL)、脳出血、点頭てんかん(服薬中)
脳性麻痺に対して、PT・STあり。発達ものすごくゆっくり

むしゃ子をフォローする
むしゃ子をフォローする
むしゃむしゃブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました