動脈管開存症の手術〜入院中のエピソード〜後編

病気・手術

手術を行うことになった経緯、入院してから手術前日までのエピソードなどは前編にて記載しています。

前編に続いて、こちらの後編では手術当日からのエピソードを記載しています。

読んでくださると嬉しいです。

手術当日

当日9時に手術室に向かう必要があったため、朝の4時以降は絶食してくださいと、看護師さんに言われていました。

なので、夜4時前にむしゃ美を起こして、母乳を飲んでもらう必要がありました。

しかし、むしゃ美にとってみれば、夜9時から朝の7時くらいまでぐっすり眠るスタイルだったので、突然4時に起こされても、起きるはずがなく、授乳させようとするものの起きてないので飲めず。

結局、一滴も飲まずに朝を迎えました。

「とうとう来てしまった、手術日。大丈夫かな。。。。泣」

普段なら朝起きたら授乳をするのですが、絶食で飲めないので、ややむしゃ美はぐずっていました。

8時半過ぎに看護師さんと共に、むしゃ美を抱っこして手術室に向かいました。

そして誘導されるがままに、むしゃ美が寝るベッドへ。

カテーテル治療は、一般的に成人は局所麻酔を行うことが多いのですが、小児の場合は安全面の配慮から、全身麻酔で行うことが多いとされています。

そのためむしゃ美の場合も全身麻酔で受けました。

むしゃ美をベッドに寝かせた後、麻酔科の先生がきてくれて、「眠るお薬を使います」と、目の前で繋がれた点滴針に薬を入れてくださいました。

そして3本くらい薬が入った直後、あんなにキョロキョロしていた目が、両目共に瞬時に、本当に一瞬にして上転しました。白目になりました。

え??むしゃ美???大丈夫???と、目の前のむしゃ美の状態に、あまりにもびっくりしました。

そして次の瞬間「ではお母さん下がってくださーい!」という掛け声があって、私が離れると共に、小さな酸素マスクがむしゃ美の口を覆いました。

「大丈夫ですからね。お預かりしますね。」と、手術室の看護師さんが声掛けをされ、むしゃ美を託し、私は「よろしくお願いします!」と深々と頭を下げ、手術室を後にしました。

むしゃ美が麻酔を入れられた直後、一気に目が上転・白目になった瞬間やその時の手術室の雰囲気、手術室の看護師さんや麻酔科の先生などの私への言葉掛け、今でも全て鮮明に覚えています。

むしゃ美の手術が終わるまでの4〜5時間。私は、手術が心配で心配で、ソワソワする気持ちを抑えることができず、居ても立ってもいられなかったため、ずっと、自室で母親と電話をして過ごしていました。

話すことで、気を紛らわせようとしていました。

麻酔が効いた瞬間のむしゃ美の顔を思い浮かべては、「あのまま生きて帰らなかったらどうしよう」、「手術が成功しなかったらどうなるんだろう」と悪いことばかり頭に浮かんできては、「でも主治医の先生がなんとかやってくれる。手術を成功させてくれる!」と考えを切り替えての繰り返しでした。

「どのような状態で戻ってくるかはわからないけど、それでも全部受け止めよう。」そう思いました。

そして、手術が終わり、病棟の看護師さんとむしゃ美を迎えに行きました。

手術室に着いて、そのままパソコンのある部屋に連れていかれて椅子に座っていると、汗だくになった主治医の先生が急足で来てくれました。

「うまくいきました。」

手術前と後の画像を見せながら、「ほらここの血流が、これでは止まっているでしょ?。うまく止まりました。」

うぉーーーーーー!良かったーーーーー!と心の中で叫びました。「ありがとうございます!良かったです(泣)」と伝えました。

それから、むしゃ美が寝ていると思われるベッドへ行くとすでにむしゃ美が目が覚めていました。

その顔を見た瞬間に、大粒の涙が流れ流れ。緊張の糸が取れた感覚がありました。

看護師さんがティッシュをくれて「心配でしたね。よく頑張りましたね。」と声掛けてくれました。

手術直後

手術中は足の付け根の部分の大きな血管からカテーテルを挿入していたので、手術が終わってからは、挿入部から再び出血する恐れがあるため、股関節を曲げないようにする必要がありました。

しかし、むしゃ美は赤ちゃん。「曲げちゃいけないよ!」と言っても、守ることが難しいので、バスタオルで股関節が曲がらないようにぐるぐる巻きにされていました。マーメイドの状態でした。

「お母さんもなるべく気をつけてあげてください。」と言われるものの、むしゃ美は無意識に曲げてしまうので「曲げちゃいけないよ!!!」と一生懸命、足をおさえた記憶があります。

また全身麻酔により手術中は太い管が喉に入っていたので、手術後は少し咳き込んでいましたが、数日にてすぐ治りました。

手術が終わって

無事手術を終え、小さな体の心臓にコイルが留置されました。

主治医の先生より、手術後1ヶ月間は、急激な衝撃(交通事故などの大きな衝撃)で外れてしまう可能性があること、半年間は別の病気にかかり開腹手術などを行うと感染性心内膜炎になるリスクがあり、あらかじめ点滴などにて病気が引き起こされないように予防する必要があることなどを説明を受けました。

また今後MRIを受ける際に提示するカードを渡されました。

これが実際の患者カードの写真です。

実際、この手術の4ヶ月後に頭部のMRIを受ける機会があり、早速提示しました。

実はこのMRI、夫の「むしゃ夫」が撮るのことになるのですが、、、これはまた別のお話。

(むしゃ夫は診療放射線技師なんです。)

手術が終わり、退院してから、定期的にこの留置されたコイルがきちんと正常な位置にあるかどうか通院にて確認しました。

確認は胸部レントゲン、心電図、エコーにて行いますが、今のところは(現在1歳6ヶ月)異常はなく、頻度も年単位となりました。

手術が終わってから数ヶ月は、コイルが外れたらどうしようと、かなり慎重に生活しました。

また術後、看護師さんからは尿に血液が混じっていないか確認するようにいわれていたので、ドキドキしながら生活していました。

主治医の先生によると、術後6ヶ月以降は、留置されたコイルをむしゃ美の組織が覆うそうで、それからはほぼ心配はないそうです。

以上です!非常に、ものすごーく長文になり、すみませんっ!!汗

最後まで読んでくださった方、ありがとうございます!

病気・手術母の想い

30代 元作業療法士 専業主婦
長女(むしゃ美)の病気や障がい、リハビリや発達
障害福祉サービス
今までの経験、気づき、考え方などを発信中
ーーーーーーーーーー
むしゃ美(長女)
卵円孔早期閉鎖、動脈管開存症(Ope済)
脳室周囲白質軟化症(PVL)、脳出血、点頭てんかん(服薬中)
脳性麻痺に対して、PT・STあり。発達ものすごくゆっくり

むしゃ子をフォローする
むしゃ子をフォローする
むしゃむしゃブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました