医療従事者の言葉で不安に。睡眠不足のときはネガティブに捉えがち

母の想い

こんにちは、むしゃむしゃブログに住む、むしゃ子と言います。

今回は、日帰りの医療型短期入所を利用した時に、起こった出来事の話です。

何気ない看護師さんからの言葉で、かなり不安になってしまった私のことです。

興味があれば、是非読んで頂けると嬉しいです。

何気ない看護師さんからの言葉

今日も日帰りの医療型短期入所。

私はいつも、「日帰りのショートステイ」と呼んでいます。

朝は、夫にも協力してもらい、出発する準備を整えます。

サッと着替えと、サッと朝食を食べさせて、

チャイルドシートに乗せ、いざ出発。

時間は8時半。

30分くらい車を走らせ、いつもの病院へ。

 

やっとこさ病院に到着。

駐車が完了したら、早速病棟へTELし、看護師さんにきてもらって、

車の中でむしゃ美はコロナ検査を受けました。

そして、看護師さんから「陰性です」という電話がかかってきて

いざ、病棟へ。

チャイルドシートから重たいむしゃ美をおろし、ベビーカーへ。

 

正面の玄関から中に入り、さらに奥にある病棟の方へ。

私は、ずんずか、ずんずかベビーカーを押し進める。

病棟の扉が開くと、看護師さんがナースステーションから出てきた。

むしゃ美には担当の看護師さんがいるのだけれど、

今日は、その看護師さんは不在らしい。別の看護師さんが出てきた。

私は持ってきたファイルを取り出した。

このファイルには、むしゃ美の体調についてあらかじめ私が記入している。

看護師さんに渡しながら、説明を付け加える。

「朝ごはんはあまり食べれていません」と私は言った。

看護師さんは「あら、食欲はあまりないかしらね〜」と。

「防水シーツを持ってきたので、もしよかったら使ってください」とお伝えした。

短期入所を利用している間、ベビーカーに座っていることが多いみたいで、

「もし小上がりのところでむしゃ美がゴロゴロできるなら」と思って、持参した。

看護師さんは「もしかしたら、ゴロゴロするのが難しいかもしれませんが、できそうなら、

使わせてもらいます」と。

 

そして、「食事のときは、何か椅子とかに座らせればよいですか?」と看護師さんが私に聞いたので、

「いつも専用の椅子に座らせてもらっていると思います」とお伝えしたら

看護師さんはふと、思い出したかのように、

「そういえば、準備されていたな〜」と笑いながら答えた。

 

そして、「食べさせるときは何か注意点はありますか?」と私に聞いた。

私は一瞬「ん?」と思い、

「いや、ST(言語療法)が入っていると思いますよ」と私は答えた。

そしたら、看護師さん「そうですか」と。

 

その後、むしゃ美にバイバイを言い、

「よろしくお願いします」と看護師さんに伝えて、

病棟を後にした。

病棟の扉を開き、車にたどり着き、家に向かって

車を再度走らせた。

 

この日は晴れて、気持ちが良い日のはずなのに、

どんどん走らせるにつれて、

どんどん目の前が暗くなっていく感じがした。

不安不安で、リフレッシュにならなかった

看護師さんが言った

「注意点がありますか?」というフレーズが頭の中に浮かぶ。

 

「あの看護師さん、むしゃ美に食べさせるときの注意点すら把握していなかったのだろうか。。。」

 

娘は口の中の発達が遅く、

1歳7ヶ月だけど、まだまだ離乳食後期の段階。

つまり、おかずは未だに刻んであげる必要があり、

飲み物に関しては、とろみが必要。

食形態のことや食べさせ方などは全てST(言語療法)の先生から教わっている。

そして、前回の利用時に、担当の看護師さんから、「食べさせる時の注意点」が記載された、用紙をもらったばかり。

それは、むしゃ美の担当のSTの先生から、看護師さんに申し送りされた用紙でもある。

だから、看護師さんは、すでに食事の際の注意点は知っているはず。

 

「なのに、『私に』注意点ありますか?って聞くの?」

 

考えれば考えるほど、私の頭の中は

「あの看護師さん、大丈夫?」という、私の言葉がグルグル回った。

すると、むしゃ美を預けていることに対して、

とても不安になってきました。

 

さらに、「なんで、私に聞いてきたんだろう?」と。

「あの看護師さん、いつも親に聞いているのかな?」

「それとも、私が作業療法士だから。全てわかっていると思ったから聞いたのかな?」

「STの先生が入ってくれてるんだし、そちらからの申し送りはなかったのかなぁ」

 

看護師さんは、たくさんの患者さんの、1日のスケジュールの把握をしなければならない。

担当だけなら良いものの、担当外の患者さんを持つとなると、

さらに倍の新しい情報を把握しなければならない。

私だったら、頭がパンクすると思う。

だから、わからないことは「お母さんに聞けば良いや〜」と思ったのかもしれない。

 

けれども、私からすると

いきなり「注意点がありますか?」だなんて、唐突に聞かれてしまうと

「この人、大丈夫?伝達されていないの?注意点把握していないの?」と

すごく不安になりました。

 

最悪のことを考えて

「むしゃ美がご飯の時に窒息してしまったらどうしよう 泣」

と良からぬことを考えてしまいました。

 

親が少しでもリフレッシュできるようにと考えられて作られた

この医療型短期入所で

親はリフレッシュするどころか

ずーーーっと不安に苛まれ、

自宅にいても、いても経ってもいられない気持ちでした。

正直、1日、寝込んでいました。

睡眠不足が原因で、全てネガティブに捉えた私

このようなエピソードが数週間前にありました。

これを読んだ皆さんはどのようにお考えになるでしょうか。

 

今だから思いますが、

この時の私、被害妄想がすごかったなと思います。

なんで、こんなことで、

こんな言葉で、

こーんなに落ち込んでいたのか、謎です。

原因はわかっています。

「睡眠不足」です。

 

この日の夜中、いつもなら起きないむしゃ美が夜中に起きてきて、

元気もりもりに布団のなかで動いていたのです。

それを見守るのが大変で。

いつもにはない、かなりの「睡眠不足」でした。

 

私の根っこは、かなりネガティブ思考の人なので

睡眠不足だと前面にその思考が現れ、

何事にもネガティブに捉えがちとなってしまいます。

なので、体調があまりよろしくない状態で、このような言葉をかけられたあまり、

かなり、ヒートアップしてしまったんだと思います。

 

この1週間後の利用時も同じ看護師さんだったのですが、

本当にむしゃ美のことを第一に考えて、いろいろ頑張ってくれていました。

だから、本当に良い人なんだと。

あの時の私がおかしかったんだと、改めて思いました。

 

私にとって、睡眠不足であることは本当に良くない状態。

全てネガティブに捉えがちになるし、そんな自分はしんどいから、

なるべく睡眠はしっかりとっていこうと思いました。

あの時の看護師さんの言葉を振り返ると

今では、「看護師さん、朝の時点では申し送りをしっかり把握できていなかったのかなぁ。」と想像しています。

食事は、命に関わることなので、

朝の時間帯では、把握はしっかりできていなくても、

直前には、しっかり頭に入れて、行動されていただろうと思います。

 

もし、あの時、クッション言葉があれば、、

(例えば、「朝バタバタしていて、あまり把握ができていないので、少しお聞きしたいのですが、何か注意点はありますか?」とか)

受ける印象は全くの別物だったかなぁと思います。

 

私も、医療職の端くれ。そのあたりは十分に気をつけようと思いました。

まとめ

今回は、日帰りの医療型短期入所を利用している時に、起こった出来事について書きました。

私は睡眠不足によって、かなり物事をネガティブに捉えがちになると、改めて思いました。

そして、相手がどんな状態であろうと、なるべく傷つかないように、

言葉を選ぶことが大切だと思いました。

以上です!最後まで読んでくださってありがとうございます!

母の想い

30代 元作業療法士 専業主婦
長女(むしゃ美)の病気や障がい、リハビリや発達
障害福祉サービス
今までの経験、気づき、考え方などを発信中
ーーーーーーーーーー
むしゃ美(長女)
卵円孔早期閉鎖、動脈管開存症(Ope済)
脳室周囲白質軟化症(PVL)、脳出血、点頭てんかん(服薬中)
脳性麻痺に対して、PT・STあり。発達ものすごくゆっくり

むしゃ子をフォローする
むしゃ子をフォローする
むしゃむしゃブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました