子に良からぬことが起きると自分を責めがちな私〜脱臼させてしまったと思い込んだ出来事〜

母の想い

こんにちは、むしゃむしゃブログに住む、むしゃ子です。

今回は、年末にあった出来事の話。

むしゃ美の股関節を脱臼させてしまったと思い込み、私がパニックになった話。

当時は、涙を流しながら車を走らせました。

是非、読んでいただけると嬉しいです。

 

私のせいで脱臼させてしまった!?

ある金曜日。

むしゃ美がなかなか起きないので、

2階の寝室へ行って、起こしに行った。

布団の中ですやすや寝ているむしゃ美。

そーっと、布団をはいで

「むしゃ美、起きるよ〜〜」と声かける。

むしゃ美は、聞こえたように、万歳をしながら体を伸びする。

しかし、目が開いていない。

まだ起きていないようだ。

  

むしゃ美の体を優しく揺すると、やっと目が開いた。

 

「よし!1階に行こうか!!」と伝える

 

むしゃ美の横に私がいる。

2歳になったむしゃ美は11kg。非常に重い。

だがまだ腰が座っていない。

なので両脇に手を入れて、いつも通り抱き上げる。

「いつも通り」抱き上げたつもりだった。

でも、私の力がいつもより足りなかったのか?

むしゃ美の右の太ももが私の体の側面に当たりながら抱き上げてしまった。

そしたら、

「ぎゃーーーーーー!!!!」っと

今までに聞いたことがないような声でむしゃ美が叫んだ。

  

家が揺れるのではないか?と思えるほどの大泣き。

私は、その大泣きっぷりに驚き、何が起こったかわからずパニックに。

すかさず、再び、むしゃ美を布団に寝かした。

泣き止まない。

とりあえず良くわからないが、大泣きのむしゃ美が可哀想になってきて

横抱っこした。

  

すると少し安心したのか、むしゃ美は泣き止んだ。

むしゃ美の顔にはたくさんの大粒の涙が乗っている。

ふとむしゃ美の右足に目が行った。

むしゃ美は右脚をものすごく曲げている。

「ん??おかしいな」と内心を思いながら、私は立ち上がり

1階に移動し、むしゃ美の足の状態を見た。

  

いつもなら伸ばしている脚を、異様なくらいに、曲げているむしゃ美。

「やっぱりおかしいぞ?」

その脚を伸ばそうとすると、むしゃ美は表情が曇り

私が伸ばそうとするのを抵抗してくる。

  

抵抗してくるものの、伸ばして、両脚の長さを比べてみる。

少し、右足の方が長い?右足が長いということは

「脱臼させてしまったか?」

  

思い返すと、抱っこする直前にむしゃ美の右太ももと私の体がぶつかりながら、抱き上げたのを思い出した。

「あの時だ!勢い良く抱っこしてしまったから。。」

  

「うーわ、私のせいで脱臼させてしまったか?泣」

  

問題はないことがわかり、心の底からホッとした

すぐに、病院に電話した。

いつも通っているリハビリ病院は、整形外科なので助かった。

  

電話口の看護師さんは

「すぐに来てください!」と言ってくれたので

急いで支度して車を走らせた。

  

自然とアクセルを踏む足に力が入る。

「どうしよう、私のせいで、むしゃ美の足が」

「せっかく今、装具を使って立つ練習をしているのに、脱臼で、安静にすることになったら、練習ができなくなってしまう」

「今まで積み上げてきたリハビリの効果が安静にすることで、また一からスタートになってしまう」

「ただでさえ、発達が遅れているのに」

「私は、とんでもないことをむしゃ美にしてしまった」

  

運転しながら、自分を責める言葉がどんどん頭に浮かび

視界が歪んで見えてきた。

涙が止まらなかった。

  

この気持ちをどうしたら良いかわからず、

信号待ちの間に夫のLINEに送るも、仕事中なので返答もなし。

  

なので、いつも呟いているSNSにそっと呟いてみた。

『非常事態なんです!!』と。

  

ありがたいことにコメントがついた。

  

『ママのせいじゃないよ〜』

という言葉が、私の目に飛び込んできた。

  

その言葉を読んだ瞬間に更に泣けてきたと同時に落ち着いてきた。

「大丈夫、これはたまたま起こってしまったこと。誰のせいでもない、仕方がなかったこと」

  

ある程度、気持ちが落ち着いた頃に病院に到着。

  

すぐに整形外科の先生に診てもらった。

  

私は「右脚の方が長い気がするんです!!」と伝えたら

先生は、「いや、左右の長さは変わりないですよ。念の為、レントゲンを撮りましょうか」と。

  

 

レントゲンを撮った後、再び診察室に入った。

  

「問題ないです。とりあえず様子見で大丈夫。

次回、リハビリの時にまだ、動きが悪かったら教えてください」

  

「はぁーーーーー。良かった」と大きくため息をして、心の底からホッとした。

  

まだ曲がっているものの、大丈夫なんだと。

 

子に良からぬことが起きると自分を責めがち

母親って、子どものことが大切で大切で仕方がなくて

その点、子育てに関してはすごく責任感が強くて

子に何かあったら、すぐに「私のせいではないか」と

自分を責めがちになる。

少なくとも、私は真面目な方なので

良からぬことが起きると、すぐに自分を責めがち。

  

だから、むしゃ美が「脱臼したかも」と思った瞬間に

いろいろ言葉が溢れてきて

どうしたら良かったのか?自分がダメだったところを

いろいろ深く考えがち。

そして、自分のことを全否定してしまう。

  

だけれど、そうなった自分を誰かに話したりして

誰かに認めてもらうと、心の底からホッとする、安心する。

『ママのせいではないよ〜』の言葉に私は救われた

  

良からぬことが起きてしまうと、すぐに自分を責めてしまうのだけれど

それは意外と結果論に過ぎないことが大いにしてある。

  

今回も、すぐに私は「自分のせいで」と思っていたけれど

今、同じことをむしゃ美にしたとき、同じことは起こらない。

  

本当に、たまたま、むしゃ美が寝起きでぼーっとしていて、

たまたま、抱き上げられたときに右足に力を入れていなくて

たまたま、私がそのような抱っこをしたもんだから

股関節に負担がかかり、急激に靭帯か筋肉が伸ばされて

激痛が走ったのではないかなと今なら思う。

  

全ては、たまたま。

誰のせいでもない。

  

この考え方、さまざまな場面でも当てはまると思う。

  

健康で産んであげられなかったのも

きっと、たまたま。

「あの時、あーすれば良かった」と後悔しているかもしれないけれど

きっと、たまたま。

と、私は考えている。

  

あまり自分を責めなくても良いと思うよ。

  

今回はここまで!

最後まで読んでくださってありがとうございます!

母の想い

30代 元作業療法士 専業主婦
長女(むしゃ美)の病気や障がい、リハビリや発達
障害福祉サービス
今までの経験、気づき、考え方などを発信中
ーーーーーーーーーー
むしゃ美(長女)
卵円孔早期閉鎖、動脈管開存症(Ope済)
脳室周囲白質軟化症(PVL)、脳出血、点頭てんかん(服薬中)
脳性麻痺に対して、PT・STあり。発達ものすごくゆっくり

むしゃ子をフォローする
むしゃ子をフォローする
むしゃむしゃブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました