8ヶ月。「首が座った」と思っていたけれど、そうではなかったことがわかり、ひどく落ち込んだ話

リハビリ・発達

こんにちは、むしゃむしゃブログに住む、むしゃ子と言います。

遊びに来てくださってありがとうございます。

今回の記事は、むしゃ美が完全に首が座っていると思い込んでいた時に、まだ座っていない」ということを伝えられて、大変ショックだったエピソードを書きます

私は作業療法士ですが、小児の知識は大学で学んだ程度であり、恥ずかしながら、首が座ったという定義を間違って理解していたことがわかりました。(詳しくは別の記事で今後書く予定です)

赤裸々に書きますが、もし興味があれば読んで頂けると嬉しいです。

首座りが遅いのは脳の病気の影響ではなく、ただ発達が遅いだけだと思っていた

恥ずかしながら、私は小児の患者さんをリハビリした経験がなく、何ヶ月にどのような動作ができるようになるかなどの知識は大学で習った以来で、現在はほとんど持ち合わせていませんでした。

だから、初めはむしゃ美は発達が遅いけれど、何がどのように遅いのか理解ができていませんでした。

それでも、生後2ヶ月、むしゃ美をうつ伏せにした時に少しだけ頭が上がったのをみたら本当に嬉しかったことを覚えています。

そして4ヶ月頃になれば、だいぶ頭が上がるようになったため、勝手に「首座ったんじゃない?」と思っていました。

しかし、4ヶ月検診の時に先生が評価しているところを間近で観察することができたので、先生からは首が座っていないことを伝えられました。

だけど、この時はショックはありませんでした

なぜなら、まだ4ヶ月であり、脳の病気の影響ではなく、ただ発達がゆっくりなだけなんだと思っていたからです。

リハビリ職なのに「首座り」を誤解。本当は座っていなかったことを知り、ひどく落ち込んだ

4ヶ月検診の時に先生が行っていたようの方法を定期的にやってみていると、8ヶ月くらいには、首が座ったのじゃないか?と思い、私は内心「やったぁー!やっと首座った!」と喜んでいました。

しかし、小児科の主治医の先生からは、そのような話は一切なく、むしろ「リハビリの先生は何か言っていましたか?」と何度も質問されていました。

なので、恥ずかしながら首が座ったかどうかをリハビリの先生に聞いてみました。

そしたら、立ち直り反応がでないと「首が座った」とは言えないそうでした。(立ち直り反応については別の記事で書く予定です)

そして、むしゃ美の場合は立ち直り反応が一切出ず、頭を保ち続けることができない状態だったので、

リハビリの先生は「まだ座っていないと思う」と言っていました。

それを聞いた瞬間、私は「そうなんだ。」と理解したと同時に、作業療法士なのにそんなこともわからないのかと、

そして、未だにむしゃ美の首が座っていないことがわかって悲しくなりました

そのことについて、小児科の先生に伝えると、先生も首が座っていないことを認識しており、

とっても恥ずかしくなり、穴があったら入りたい気持ちでした。

そして、少しでも「むしゃ美は首が座った」と思った過去の自分が情けなく思いました

まとめ

今回は、リハビリ職なのに、「首座り」を誤って認識していて、むしゃ美がまだ座っていないことがわかってひどく落ち込んだエピソードを書きました。

とっても恥ずかしいことなのですが、むしゃ美の首が座っていないことを気づきませんでした。

そして、「もうすぐ座る!もうすぐ座る!」と思い始めて現在1年が経ちました。

現在1歳半ですが、未だに座っておらず、今後、完全に首が座ってくれるのか、とても心配です。

でも、親は見守ることしかできないから、

できることはやってあげながら、焦らずに辛抱強く待ち続けようと思います。

以上です!最後まで読んでくださってありがとうございます。

リハビリ・発達母の想い

30代 元作業療法士 専業主婦
長女(むしゃ美)の病気や障がい、リハビリや発達
障害福祉サービス
今までの経験、気づき、考え方などを発信中
ーーーーーーーーーー
むしゃ美(長女)
卵円孔早期閉鎖、動脈管開存症(Ope済)
脳室周囲白質軟化症(PVL)、脳出血、点頭てんかん(服薬中)
脳性麻痺に対して、PT・STあり。発達ものすごくゆっくり

むしゃ子をフォローする
むしゃ子をフォローする
むしゃむしゃブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました