首が座っていないことを認めたくなかった

リハビリ・発達

こんにちは、むしゃむしゃブログに住む、むしゃ子です。

前々回の記事にて、「首座りについて誤った理解をしていた」ことを書きました。

しかしその後、「首座りの診かた」についての記事を書きながら、当時のことをよ〜く振り返ってみると、誤って理解していたのではなく、ただ、首が座っていないことを認めなくなったんだと、ふと気が付きました。

なので、自分自身の思考の整理も兼ねて、その当時のことを振り返ってみたいと思います。

ご興味あれば、読んで頂けると嬉しいです。

実はリハビリ開始直後に首座りについて教わっていた

首が座るのはだいたい生後3〜4ヶ月の時。

むしゃ美と関わる赤ちゃん達は皆、早々に首が座っていくのを目の当たりにしていたので、早くむしゃ美も首が座らないかなと心待ちにしていました。

しかし、なかなかむしゃ美は首が座ることはありませんでした。

そしてリハビリが始まった当初、私は理学療法士の先生にあらかじめ首座りについて教わっていました。

前回の記事でも書いたように「立ち直り反応」が重要であるということも(詳細はこちらの記事を参照)、頭では理解はできていました

座っていてほしいという願望が強く、正確な評価ができていなかった

今思えば、首座りの定義を理解していたものの、早く座ってほしい願望が強く出てしまって、正確な評価ができていなかったなぁと思います。

当時は、生後8ヶ月頃でした。

引き起こし反射が出現してきていました(首座りを評価する方法の1つ。詳細はこちらの記事を参照)。

だから、反射が出てきているから、もう大丈夫だろうと内心思っていました。

そして、縦抱っこしているときも頭を真っ直ぐに保つ時間が増えてきたこともあり、

きっと座っているはず、座っていてほしいという願望が強かったなと思います。

だけど、今思えば正確に立ち直り反応をしっかり見ていませんでした。

すなわち、正確な評価ができていなかったのです。

なぜなら、感情が入ってしまっていたから

なので、客観的に見ている理学療法士の先生や、主治医の先生が、未だに首が座っていないこと告げられて、大変ショックを受けました。

そして、当時のことを考えると、現実を受け入れるのがとてもしんどかったなと思います。

現在はちゃんと受け入れられている

でも現在は、しっかりと受け入れられています。

未だに首が座っていないけれど、確実に首が座る方向へ成長している

例えば、頭が後ろにグランとなる回数は減ってきているし、

さらに、座った時に頭を真っ直ぐに保てる時間が長くなっている。

だから、今は当時のように焦っていません。

このまま首が座らなかったら。。。という心配はないことはありませんが、

これからも諦めずに、全力でサポートしていきたいです。

まとめ

前回は私の首座りについて誤った理解をしていたことが原因で、首が座っていないことがわかってショックを受けたと書きましたが。

よ〜く、当時を振り返ってみると、理解はしていたけれど、ただ首が座っていないことを認めたくなく、評価を怠っていたことに気づきました

家族のことなので、感情が入ると正確な評価は困難であることが身に染みてわかりました

だから、客観的に見てくれているリハビリの先生に見てもらっていて本当にありがたいことだと思いました。

一つ一つ受け入れることは大変で、辛いこともあるけれど。

むしゃ美にはたくさんの人々がついているし、私もしっかりと向き合っていきたいので。

焦らず、ゆっくりとむしゃ美を見守りたいと思いました。

以上です。最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

リハビリ・発達母の想い

30代 元作業療法士 専業主婦
長女(むしゃ美)の病気や障がい、リハビリや発達
障害福祉サービス
今までの経験、気づき、考え方などを発信中
ーーーーーーーーーー
むしゃ美(長女)
卵円孔早期閉鎖、動脈管開存症(Ope済)
脳室周囲白質軟化症(PVL)、脳出血、点頭てんかん(服薬中)
脳性麻痺に対して、PT・STあり。発達ものすごくゆっくり

むしゃ子をフォローする
むしゃ子をフォローする
むしゃむしゃブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました