首座りの診かたについて

リハビリ・発達

こんにちは、むしゃむしゃブログに住む、むしゃ子と言います。

今回も遊びにきてくださってありがとうございます。

前回の記事にて、私が首座りの定義について誤った理解をしていたことを書きました。

その詳細を書きましたので、是非読んでくださると嬉しいです。

首座りを診る方法は3つある

①引き起こし反射

1.赤ちゃんを上向きで寝ている状態にします。

2.赤ちゃんの手をゆっくり引っ張って、体を引き起こします。

3.この時、首が協力するように頭も持ち上がる。

4.座った後、頭がくらくら揺れることなく、前にも後ろにも傾かない。

この方法では泣いて反り返った場合にうまく引き出せないことがあるとのことで、下記②が重要です。

今回も写真を撮るのに、むしゃ美は全く協力してくれず、撮影に苦労しました(この写真↓)。

 

②視性立ち直り反射

1.赤ちゃんの両脇を持って、座らせます。

2.前後や左右に体を傾けます。

3.その時に首が立ち直るような反応を示します。頭を真っ直ぐ支えようとします。

(わかりやすくするために、むしゃ美の頭を支えて撮っています)

 

むしゃ美はこの反射がほとんど出てくることがありません。そのため、首が座っていないと判断されています。

 

③頭がぐらぐらしない。ゆらゆらしない。

うつ伏せ姿勢でも、座っている姿勢でも、

首が座っていれば、全く動かない、傾かないです。

こちらの写真は、私の友人の子ども。健康な赤ちゃんです。

頭が天井向いて、スッと芯が通ったように、微動だにしないです。

 

ちなみに、むしゃ美は完全に首が座っていないので、頭が後ろや前など傾きやすく、

常にゆらゆらしています。これは「首が座っていない」状態だと思います。↓

まとめ

今回は首座りの診方について書きました。

教科書や文献にあるものを記載させて頂きました。(以下に参考文献や本の紹介をしておきます)

私の場合は立ち直りを見ることを怠っていました。(詳細はこちらを参照ください。)

少しでも参考になれば嬉しいです。

以上です。最後まで読んで頂いてありがとうございます。

参考文献

洲鎌盛一:乳幼児の発達障害 診療マニュアル 健診の診かた・発達の促しかた:株式会社 医学書院 2021年

リハビリ・発達

30代 元作業療法士 専業主婦
長女(むしゃ美)の病気や障がい、リハビリや発達
障害福祉サービス
今までの経験、気づき、考え方などを発信中
ーーーーーーーーーー
むしゃ美(長女)
卵円孔早期閉鎖、動脈管開存症(Ope済)
脳室周囲白質軟化症(PVL)、脳出血、点頭てんかん(服薬中)
脳性麻痺に対して、PT・STあり。発達ものすごくゆっくり

むしゃ子をフォローする
むしゃ子をフォローする
むしゃむしゃブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました