首座りの練習。座る姿勢に着目

リハビリ・発達

こんにちは。

むしゃむしゃブログに住む、むしゃ子です。

今回は久々にリハビリの話。

首座りを促すために私が行っていることです。

是非、興味があれば読んでみてください。

 

長女むしゃ美は未だに完全に首が座っていない

現在、むしゃ美は2歳0ヶ月。

1歳5ヶ月の時に寝返りを獲得したけれど

未だに、首は完全には座っていません。

 

以前、首座りの診方ついて過去にまとめたので

必要な方は、読んでみてください (記事はこちらをクリック)

 

 

最近、ベビーカーに乗っていると

一時的ではあるものの、枕から頭をあげて

バランスをとる様子が見られるようになりました。

 

でも、維持はまだまだ難しくて

気を抜くと、再び頭が後ろへ倒れてしまいます。

 

あと、座る練習で、頭を真っ直ぐ保持できたと思った矢先に

やっぱり維持は難しく、すぐに頭が降ります。

 

でも、確実に座る方向へは発達しているので気長に待ちます。

 

「頑張れ!むしゃ美―――――!!」

 

まずは座る姿勢に注目

以前、担当のPTの先生がお休みだった日に、

ベテランの先生が代わりに訓練をやってくれました。

 

この時、驚きの光景が!

 

骨盤をしっかり固定し

背すじを伸ばすように介助すると

あのグラングランな首が、ピタッと頭が一定の位置に止まったのです!

 

「なんと!!すご!!姿勢次第で、こんなに変わるのか」

と、感動したのを覚えています。

 

どうやら、姿勢を整えてあげると

首に力が入りやすいのか、安定して保持できるらしいです。

 

良い姿勢とは?

私で例えると、

(おい!ここで出てくるの、むしゃ子かよ!と思ったでしょ、そこのあなた笑)

横から見た時に骨盤に対して、背骨が乗って、その真上に頭があるイメージです。

 

崩れた姿勢であると

一目瞭然です。

そこのあなた、姿勢は大丈夫でしょうか?笑

姿勢が崩れていると、肩凝るし、気分も落ち込み気味になりますよ。

 

崩れている姿勢というのは、むしゃ美で例えると、

(まだ腰が座っておらず、机を腕で支持してバランスを取っているので、こうなってしまうのは、まぁ、当たり前です)

 

後ろからみるとこんな感じです。

「なるべく姿勢を良くした状態に保持させてあげたい」

と、この写真を撮ったときに思いました。

 

姿勢を良くするように介助をすること

姿勢をきちんと整えた上で、首座る方向へ促していきます。

その介助方法についてです。

 

①まずは、お母さんは子の後ろにいること。

この時、子はあぐらの姿勢でも両足を伸ばした姿勢でも

どちらでもかまわないので、やりやすい方法で行ってみてください。

 

②お母さんは子の後ろで、足を伸ばして、子に密着します。

お母さんと子の間にバスタオルのロールを入れて、

更に、お母さんの内ももで子の骨盤を左右から圧迫します(赤矢印)。

これで、土台をしっかり安定させます。

 

③後ろから子の両脇を持ち、子の上体を起こし(赤矢印)

お母さんのお腹で後ろから子の腰を前方へ押します。(青矢印)

お腹で前方へ押すときに、お母さんの体が硬くて押せない場合は、

間にあるバスタオルをもっと大きいものにしましょう。例えば枕とか。

このようにして、骨盤の上に背骨、更にその上に頭が乗るようにすると、

重たい頭を首でコントロールがしやすくなります。

 

姿勢を整えても頭が前方に落下する場合は

顎を支えて、首に力が入りやすい環境を作ってあげると良いです。

この時、すんごいむしゃ美、嫌がってました。

むしゃ美みたいに嫌がるのであれば、

前方からおでこを保持して、頭を起こしてあげても良いと思います。

お母さんのやりやすい方法でOKです。

 

テレビを見たり、支援センターなどでの絵本の読み聞かせの最中とかは

このような姿勢で座ってみても良いかもしれません。

無理ない範囲でやってみてください。

 

今日はここまで!

最後まで読んでくださってありがとうございました!

リハビリ・発達

30代 元作業療法士 専業主婦
長女(むしゃ美)の病気や障がい、リハビリや発達
障害福祉サービス
今までの経験、気づき、考え方などを発信中
ーーーーーーーーーー
むしゃ美(長女)
卵円孔早期閉鎖、動脈管開存症(Ope済)
脳室周囲白質軟化症(PVL)、脳出血、点頭てんかん(服薬中)
脳性麻痺に対して、PT・STあり。発達ものすごくゆっくり

むしゃ子をフォローする
むしゃ子をフォローする
むしゃむしゃブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました