赤ちゃんの股の開き具合、股関節脱臼の診方、コアラ抱っこの方法について

リハビリ・発達

こんにちは、むしゃむしゃブログに住む、むしゃ子です。

前回、「コアラ抱っこをしたら、股が開くようになった」ことを書きました。

今回は、股が開かないとはどのくらいの角度なのか、股関節の亜脱臼の見方、コアラ抱っこの方法についてです。

少しでも参考になると良いなと思います。

では、どうぞ。

股が開いている状態は70度以上が好ましい

赤ちゃんの脚は、両膝と股関節が十分曲がったM字型で、外側に開いてよく動かしているのが好ましい状態です。

股関節の開きにくさを見る方法は、両膝をしっかり曲げて、開くこと。

開いた時の角度を左右それぞれ、はかります。

この角度が70度以下であれば「制限がある」という診断になります。

写真の赤線の角度が70度です。

もしくは、開いた時に、床線に対して20度(赤線)以上あれば制限があります。

ちなみに、この青線の角度は、現在のむしゃ美の角度です。

右が25度、左30度で、未だに制限があることがわかりました。

実際は、正確な角度をはかる必要はありませんが、

この写真のむしゃ美の股関節の開きよりも、もう少し開いているくらいが、良いんだなぁと思ってください。

 

なんとなくで良いので、一度やってみてください。

初め、開く時は、「怖い!」と思うかもしれません。

3ヶ月健診の時の小児科の先生は、かなり強く、むしゃ美の股関節を開いたので、びっくりしました笑

股関節の脱臼は、左右の皮膚の溝と脚の長さに差があるかで判断する

次に、股関節が脱臼していないかを診ます。

見方は

・皮膚の溝に左右差があるかどうか(実際はむしゃ美には左右差がないので、例として青線で示してます)

・脚の長さの左右差があるかどうか。

幸いにも、むしゃ美は皮膚の溝や長さに左右差を認めませんでした。

整形外科医の先生に脱臼がないことを告げられたときは、心の底からホッとしました。

むしゃ美は股の開きにくく、特に左が開かなかった

むしゃ美の場合は、以下3つが診断されました。

①股が開きにくい

②特に左が開きにくい

③脱臼は認めない

①②に関して、

当時のむしゃ美の股の開き具合はこのくらいでした (当時の写真が見つけられませんでした。。。実際に計測した訳ではないので、この写真はだいたいの角度です)

原因は

・右向きに寝る癖があること。

・首が座っていないという理由から抱っこは横抱っこにしていて、股を開く習慣がなかったこと。

③に関しては

左右の皮膚の溝や脚の長さに差がなく、

超音波検査とレントゲンの結果においても、脱臼を認めませんでした。

 

実際に指導された内容は

・抱っこは、「コアラ抱っこ」をすること

・右向きで寝るときは、なるべく本人の右側にバスタオルを敷くこと。

バスタオルを敷くことに関しては、日常生活上、トライするのが難しかったので、

コアラ抱っこをして、股関節の硬さの改善をはかりました。

コアラ抱っこは「正面」が難しければ、まず「横」でトライしよう!

次は、コアラ抱っこの方法です。

むしゃ美の場合、初めは、股関節が硬くて、開くことがなかなかできず、

本人も開こうとすると、痛がり、泣いてしまうことも多々ありました。

なので、少しずつ少しずつ、行いました。

 

具体的な方法はこちらです。

①自分の骨盤の横の部分に赤ちゃんを乗せること。

初めから、自分の正面で抱っこしようとすると、その分、赤ちゃんは、大きく股を開く必要があり、難しい場合は、自分の「横」で抱っこをします。

この時に、しっかりと膝が曲がっていることが大切です。(赤線)

むしゃ美の場合は、首が座っていないので、首とお尻をしっかり支えます。

②横でできるようになったら、次は正面で抱っこします。

無理なく、少しずつ慣らしていきました。

大切なのは、足の形がM字になっていることです。

毎日の積み重ねで効果が出た!

実際に行ってみた結果、いつの間にやら、かなり股関節が開くようになりました。

首が座っていない分、首のサポートが必要ですが、それでも本人のためになるならと、

頑張った甲斐がありました。

やっぱり、普段の生活でどのように取り入れるかが大切なこと、

毎日の積み重ねで、しっかりと効果がでることを改めて思いました。

まとめ

今回は、コアラ抱っこの方法を書きました。

初めは、股が開かないからという理由で、縦抱っこを諦めて、横抱っこで日々過ごしていましたが、

それは、むしゃ美にとってみると、あまり良くない習慣でした。

自分の正面で難しければ、自分の横でコアラ抱っこをすることで、次第に股関節が開いていく感覚があったので、

もし、正面で縦抱っこができずに困っていたら、ぜひ試しても良いかもしれません。

以上です!最後まで読んでくださってありがとうございました。

リハビリ・発達

30代 元作業療法士 専業主婦
長女(むしゃ美)の病気や障がい、リハビリや発達
障害福祉サービス
今までの経験、気づき、考え方などを発信中
ーーーーーーーーーー
むしゃ美(長女)
卵円孔早期閉鎖、動脈管開存症(Ope済)
脳室周囲白質軟化症(PVL)、脳出血、点頭てんかん(服薬中)
脳性麻痺に対して、PT・STあり。発達ものすごくゆっくり

むしゃ子をフォローする
むしゃ子をフォローする
むしゃむしゃブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました