寝返りは「足から」動かし出す

リハビリ・発達

こんにちは、むしゃむしゃブログに住む、むしゃ子です。

今回は、前回の引き続き、寝返りのお話。

「健康な赤ちゃんは、どのように寝返りをするのか」と

「麻痺があると、どのように寝返りしやすいか」を

写真と共に、解説します。

是非、読んでみてください。

健康な赤ちゃんでも寝返り獲得の時期はまちまち

寝返りは、生後5〜8ヶ月の間に獲得します。

しかし、これは前回もお話しした通り

成長・発達はまちまちです。

 

健康な赤ちゃんでも習得が遅くなる原因として

例えば

・冬は衣類をたくさん着せるために動きが鈍くなり、寝返りが遅れる。

・仰臥位中心で過ごしている子どもでは、腹臥位の経験が少ないために、寝返りにつながりにくく遅れるといったことがある。

坂根清三郎、湯澤廣美、山本智子 編著:立つ・歩くことを考えた 脳性まひ児のリハビリテーション 運動機能獲得へのアプローチ 第1版(2017年) 株式会社 へるす出版

などなど。

「仰臥位」とは、上向きで寝ている姿勢のこと。

「腹臥位」とは、うつ伏せで寝ている姿勢のこと。

 

「夏場に産まれた赤ちゃんは、運動発達がゆっくりになる。なぜなら、動き出すときは冬だから!」

と、私は聞いたことがあります。

 

健康な赤ちゃんでも個人差がかなりあります。

だから、いくら発達がゆっくりだとしても、

最終的に、獲得すればそれで良いのです。

寝返りは足から動き出す

寝返りができる時期になってくると、

左右の足をそれぞれ自分が思うように動かすことができるようになります。

 

例えば、右側に寝返りをしたいときは、

「左足を曲げて、伸びた右足を乗り越えるイメージ」

そう、前回にもお伝えしたように

「足から」動き出すのです。

 

私の友人の子ども達、みんな健康な赤ちゃんですが、

寝返りするときは、いつも膝を曲げて、「足から」動き出している印象です。

手を使っている印象はありません。

 

足に麻痺があると、左右のそれぞれの足を動かしにくい

両足に麻痺があると、

片方の足を伸ばして、もう一方の足を曲げるというような

左右それぞれの足の動きをすることが難しい。

 

「両足共に曲げる」

「両足共に伸ばす」

ことはできても、

左右の足をそれぞれ異なった動きをするのが苦手。

 

だから、寝返りをするときでも、

片方の足だけを曲げることが難しいので

足は使わず、手を使って、寝返りをします。

(むしゃ美は、このような寝返りをしませんが、わかりやすくするために、モデルになってもらいました)

なので、足に麻痺がある場合、

寝返りを促すときに、なるべく足から動き出すように

手伝ってあげる必要があります。

 

今日はここまで。

次回は、実際に、寝返りを促す方法を書きます。

 

以上です!最後まで読んでくださってありがとうございました!

参考文献

①坂根清三郎、湯澤廣美、山本智子 編著:立つ・歩くことを考えた 脳性まひ児のリハビリテーション 運動機能獲得へのアプローチ 第1版(2017年) 株式会社 へるす出版

②Jung Sun Hong著 紀伊克昌監訳:正常発達ー脳性まひの治療アイディア 第2版(2017年) 株式会社三輪書店

リハビリ・発達

30代 元作業療法士 専業主婦
長女(むしゃ美)の病気や障がい、リハビリや発達
障害福祉サービス
今までの経験、気づき、考え方などを発信中
ーーーーーーーーーー
むしゃ美(長女)
卵円孔早期閉鎖、動脈管開存症(Ope済)
脳室周囲白質軟化症(PVL)、脳出血、点頭てんかん(服薬中)
脳性麻痺に対して、PT・STあり。発達ものすごくゆっくり

むしゃ子をフォローする
むしゃ子をフォローする
むしゃむしゃブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました