年末の検査入院〜またもやストレスが溜まり大爆発!〜

病気・手術

こんにちは、むしゃむしゃブログに住む、むしゃ子です。

前回の続きであり、今回はしんどかったエピソード第一弾です。

初日の夜、なかなか寝てくれないむしゃ美に対して、フラストレーションが限界突破。

本当に大変でした。

興味はあれば、是非読んでみてください。

シャワーを浴びることができなかった、むしゃ美

入院当日の午後、オリエンテーションがあり、

そこで初めて、シャワーや洗濯、プレイルームの使い方などの

病棟でのルールを教わった。

終わったのは16時頃。

 

夕方から脳波をとり始めることを知っていた私。

検査中は常に頭に電極を貼り付けている状態になるので

むしゃ美はその前にシャワーを終える必要があった。

 

しかし、もうこんな時間。

看護師さんが今から検査技師さんがくることを伝えに来た。

(脳波をとるのは、臨床検査技師さんである)

 

「シャワーにまだ入れてなくて、どうしたら良いですか?」と私は聞いた。

看護師さんが、時間の調整してもらえるか確認してくれたが、それは難しいようだった。

なので、むしゃ美はシャワーを諦め、体拭きになった。

 

「体拭きになってしまって、申し訳ありません」と言いながら、

看護師さんは温かくなった、おしぼりの束を持って来てくれた。

 

私のシャワーは、むしゃ美が寝ている間に浴びにいくように。とのことだった。

『結構、至難の業じゃないか?起きたらどうするんだ!』と内心思った。

 

脳波中、ベッドから離れられないむしゃ美

しばらく経って、大きな機械を抱えた検査技師さんが現れた。

ベッドの周りの環境整備をしてから、技師さん2人がかりで

むしゃ美の頭に電極をどんどん貼り付けていく。

貼り終えた後、包帯が巻かれ、その上から、さらにネットをかぶせる。

『ピクミンだ!可愛い!笑』と、思ってしまった笑

 

翌日の朝まで電極をつけるので、

取れないように包帯で巻かれているのだけれど、

指先で掴む力が強くなったむしゃ美は、取り外してしまう可能性があった。

それを私は阻止しなければならない。

 

全ての電極が付け終わり、機械のモニターをみた。横にカメラがある。

それはむしゃ美に向いている。

検査技師さんが説明し始めた。

「ここにカメラがあるんですけど、なるべくこの映っている範囲に、むしゃ美ちゃんがいるようにしてください。

もし、食事や抱っこするときは、このカメラの向きを変えてください」

 

『なんてめんどくさい!!』と、心の中で叫んだ私だが、

『まぁ、むしゃ美をベッドから離れないようにしたようほうが良さそうね』

 

「あと、発作があった場合は、その時間を記録しておいてください」

と、白い紙を渡された。

説明を終えると、2人は退室していった。

 

私のシャワーはむしゃ美の就寝後に浴びることに

そして、数分後、担当の看護師さんが確認しに来た。

私は

「終わりました〜。

さっき来てくれた看護師さんに、私のシャワーは、むしゃ美が寝ている間に行ってくれと言われたのですが、多分のこの時間(17時半)は、もう寝ないと思います」

 

私は、自分のシャワーのことで頭がいっぱいだった。

むしゃ美が寝ている間に自分のシャワーを済ませる自信がなかったからだ。

 

「むしゃ美ちゃんが、夜眠ってから、お母さん1人でいつシャワーを浴びてもらっても大丈夫です。シャワーの時間は(9時〜19時というルールがある)患者さんが何かあった場合を想定しているのですが、お母さん1人の場合は、何もないということで。本当はダメなんですけどね、夜遅くなってからでも大丈夫ですよ!」

 

少し肩の荷が降りた。

『良かった。でも夜遅くすぎると他の患者さんの迷惑になりそうだから、なるべく早く、むしゃ美を寝かしつけよう!』

 

試行錯誤しながら夕飯をあげた

その後、夕飯が届いた。

むしゃ美のベッドの上に私が乗り、抱っこした状態で食べさせた。

 

むしゃ美の頭から電極の線が繋がっている。

むしゃ美の手がその線の束に触らないように、工夫しながら食べさせる。

 

最近のむしゃ美は、手にあたるものは全てがっしり掴み、

放さないので、大変危険である。

 

 

むしゃ美が食べ終えさせた私は、おにぎりに手を伸ばす。

 

寝ていけないむしゃ美に、ストレスが限界になり大爆発!

むしゃ美の自宅での就寝時間は、いつも21時半〜22時

しかし、大部屋には、20時頃から寝る支度を始めている親子がいた。

ものすごく早い。

消灯は21時半。部屋は、まだ明明としている。

 

「そろそろ寝る?むしゃ美」

20時半、お向かいさんからいびきが聞こえて来た。

『あそこのお父さん、もう寝ちゃった。早い。。。』

そんなこんなで、私も寝る支度をして、むしゃ美の寝かしつけを始める。

しかし、部屋は明明としているので、むしゃ美は寝るはずがない。

 

普段なら、寝る前に授乳をする。

むしゃ美も欲しがる。

だけど、カメラがこちらを向いているので、今日はあげられない。

『ごめんね、むしゃ美』

 

自宅なら、お風呂に入ってから、寝かしつけ。

体温が下がってきたタイミングで、寝ていけるように工夫している。

しかし今日は体拭きのみだったので、むしゃ美はスムーズに寝ていけない。

 

それでも体を揺らしながら、寝ていくのを待つ私。

消灯時間になった。21時半である。

大部屋のお向かいさんと斜めの親子は、もうすでに寝てる。

 

一方、寝ていけずに、しまいには泣き始めるむしゃ美。

大部屋の他の方に迷惑になるので、一生懸命泣き止ませる私。

カメラで撮影されている範囲外にむしゃ美を移動させることができないので

ベッドの上で体を大きく揺らす。

それでも泣き止まないので、私は抱っこし、正座になり、

足の屈伸をしながら、むしゃ美を上下に揺らして、頑張ってあやす。

 

それでも、泣き止まない。

 

次第に、むしゃ美の泣き声が大きくなる。

『やめてくれ!!泣き止んでくれ!!(他の親子が)起きちゃうじゃない!!』

と内心叫びながら、私はあやす。

 

『イライラしてきた。

なんで泣き止まないのだ。

なんで、寝ないのだ。

私もシャワーに入りたい。

早く寝てくれ!!』

 

私の頭の中がヒートアップ。

『イライライライライライライラ』

『ひやーーーーーーーーーー!!!!』

 

もう、自分の気持ちが抑えられず、夫にLINEする。

今の状況を文章で説明する。

夫から一言

「自分のシャワーは諦めて、明日の昼に入る!って割り切っちゃった方が、気が楽かもね」

 

ハッとする。

『そうか、早く寝かしつけて、シャワーに入りたいから、こんなに焦ってるのか』

『もう、自分のシャワーは諦めよう。明日の朝にシャワーを浴びよう。そうしよう』

 

 

その瞬間、イライラがなくなり、私の気持ちが静まった。

 

そしたら、むしゃ美にもそれが伝わったのか、

スッと寝た。

 

『あら、、、寝た、、、、』

『あんなに一生懸命あやして寝かしつけようとしてたの、なんだったんだ』

 

 

そっと、ベッドの上にむしゃ美を置いた。

背中スイッチ、発動しなかった。

無事に寝た。

 

 

『やっぱり、シャワー浴びよう。今から』

 

 

結局、22時半に、むしゃ美は就寝。

その後、私はシャワーを浴びに行った。

シャワーを浴び終えて、部屋に戻っても

すやすや、むしゃ美は寝ていた。

 

『そうだった。

寝かしつけよう!寝かしつけよう!と思って自分が焦っていると、全然むしゃ美は寝ていかないこと、すっかり忘れてた』

 

 

入院初日、どうなるかわからず、しんどかったけど

無事に、一仕事を終えて、私も寝床についたのでした。

 

おしまい。

病気・手術母の想い

30代 元作業療法士 専業主婦
長女(むしゃ美)の病気や障がい、リハビリや発達
障害福祉サービス
今までの経験、気づき、考え方などを発信中
ーーーーーーーーーー
むしゃ美(長女)
卵円孔早期閉鎖、動脈管開存症(Ope済)
脳室周囲白質軟化症(PVL)、脳出血、点頭てんかん(服薬中)
脳性麻痺に対して、PT・STあり。発達ものすごくゆっくり

むしゃ子をフォローする
むしゃ子をフォローする
むしゃむしゃブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました