脳波をとりに行って、大激怒(後編)

母の想い

こんにちはむしゃむしゃブログに住む、むしゃ子です。

前回の記事では、むしゃ美の発作の多さに驚き、

私がパニックになった様子を書きました(こちらの記事を参照)。

今回は、前回の続き。脳波の検査日での出来事。

この日、私は大激怒。感情を治めるのに必死でした。

是非、読んで頂けると嬉しいです。

検査日、親は寝かせないように朝から必死

前日に引き続いて、むしゃ美と2人で

再び、大学病院にやってきた。

 

脳波の検査はむしゃ美が眠っている間にとるので

眠り薬を使用する。

 

もちろん眠り薬を使っても

検査中に寝れないこともあるので

事前に看護師さんには

むしゃ美は「寝不足で来てください」と言われる。

 

だから、親は必死。

朝から、眠らないようにする必要がある。

むしゃ美は1時間半かけて病院に行くので

二人の場合は、私が運転しながら、

寝かさないようにしなくてはならない。

 

でも、だいたいは、車の中で寝てしまう。

むしゃ美は睡魔には勝てない。

運転席から私は手を伸ばして、

むしゃ美の体を揺らして、起こうとするも、起きない。

 

むしゃ美が脳波の電極を外さないように頭をバスタオルで覆った

病院について、小児科に寄り、

坐薬(眠り薬)を注入された。

(眠り薬には、飲み薬と坐薬があるが、むしゃ美は飲み薬が苦手。)

 

注入後すぐから、むしゃ美、やや眠そう。

「このまま寝てくれると良いな」と私は思った。

すんなり寝てくれることを期待し、ベビーカーで検査室へ移動した。

 

受付を済ませ、大きな扉の前にある椅子に座って順番を待った。

 

扉が開き、中から人が出て来た。

「むしゃ美ちゃ〜ん、どうぞ〜」

女性の検査技師さん。前回もこの人だった。

安心した。

 

誘導されるまま、部屋に入ると

やや暗い空間に一つのベッド。

機械が壁際に置いてある。

機械から何本もの線が延びている。

ベッドにむしゃ美を寝させると、

むしゃ美の頭側のベッド脇に技師さんがしゃがみ

作業が始まる。

 

脳波をとるときは、たくさんの電極を頭の表面に貼る。

技師さんは、丁寧且つ、素早く、貼っていく。

電極の多さにいつも驚き、感心しながら

その作業をいつも、私は眺める。

全ての電極を貼り終えたら、それが外れないようにするため

白いネットで頭を覆う。

 

でも、むしゃ美、頭の電極が気になってしまい、

自分で触り、外そうとする。

前はそんなことをしなかったのに、成長を感じる。

触ったりしても外れないように、

ネットの上から、バスタオルを巻かせてもらった。

寝てくれよ!むしゃ美!

「では、暗くしていきますね〜」と技師さんが退出され、

部屋の灯りが最小限になった。

 

ここからが親の勝負であり、戦いでもある。

むしゃ美には、なんとかして、寝てもらわなくてはならない。

 

本人は、坐薬のおかげで、眠そう。

でも、眠いのに、寝ていけない。

なので、次第に、寝ぐずりがヒートアップ。

部屋中が、むしゃ美の声で充満した。

 

「あ〜いつものだ」と思った。

今回で脳波は3回目。

1回目、2回目の時も寝ぐずりはあったものの、

胸をトントンしていると、時間はかかるも

最終的には寝てくれた。

 

それを信じて。

静かな声で「ねんねするよ〜」と私は、泣き喚くむしゃ美に声かけながら、

胸をトントン。

でも、なかなか泣きは治まらず。

声だけが大きくなる。

 

それから20分くらい経っただろうか(あまり覚えていない)

そ〜と扉が開き

「なかなか眠れないわね〜」と技師さんが部屋に入って来た。

私は「え?途中で入ってくることがあるの?」と思った。

寝かしつけ途中でお部屋に入って来られるのは今回が初めてで、戸惑った。

 

きっと、心配して来てくれたのだと思う。

時間も迫っていたのかもしれない。

 

便の匂いも漂っていたので

「オムツを替えてもよいですか?」と尋ねると、

「どうぞどうぞ〜替えて替えて〜。気持ち悪かったわね〜」と言い

技師さんはむしゃ美をあやしてくれた。

私は、素早くオムツを替えた。

「気持ち良くなったね〜。これで眠れるかな〜」と話しかけてくれた。

オムツ替え終了。

 

「抱っこしても良いですか?」と私が技師さんに聞くと

「いいよいいよ〜ちょっと待ってね〜」と言いながら、技師さんは

頭から出ている電極の線の束をくくり、

抱っこしやすいように、線の長さが足りるところへ機械を置いてくれた。

 

「もう少し、暗くするね〜」と言いながら、技師さんは退室された。

 

寝かしつけ、再び挑戦!

 

技師さんが部屋に入って来たら、ピタッと泣きが止んで、

しばらく機嫌が良かった、むしゃ美。

なのに、退室したら、また大泣き。

「なんでやねん、むしゃ美」と私は思った。

 

私はむしゃ美を抱えたまま、椅子から立ち上がり、

ゆ〜らゆ〜ら。

 

でも、大泣きが治まらず。

なので私は次の手段に出た。

私の必殺技、「Youtubeで寝かしつけ用のオルゴール」を流す。

 

そしたら、むしゃ美はピタッと泣き止んだ。

「ふふっ。しめしめ」(まだ、しめてませんけど!笑)

 

その後、私は座って、体をゆらゆらさせながら、

お尻をタイミング良く、ポン、ポン。

むしゃ美の表情が穏やかになった。

けど、目はしっかり開いている。

左右の目の下には涙の湖ができている。

 

しばらく、ポンポンするものの、寝ず。

「寝てくれーーーーー!!!」と私の心の叫びは続いた。

  

 

結局寝かせられなかった、ショック

「あともう少し!あともう少し!」と自分に言い聞かせながら

むしゃ美を寝かせることに必死になっているときに

突然、光が差し込んだ。

扉が開いた。

 

「これで終わるわね〜」と技師さんが入って来た。

 

「え?え?」と私は思った。

「まだ寝てないけど、終わるの?」

 

私は、ショックを受けながら、技師さんに話しかけた。

「結局、寝ませんでした」

「そうね、眠らなかったわね、こ・の・こ・の!」と技師さんは優しく、

むしゃ美の頬っぺをツンツンした。

 

「途中で、オルゴールでだいぶ静かになったのですがね〜」と技師さんに伝えたら。

「そうよね!その時は、静かにしてくれてたわね。だから、その時間帯で結果が得られれば良いんだけど〜」

話を聞いていると、それは医師が判断するそうだ。

 

次第に、私の頭が沸騰してきたのがわかった。

モクモクと湯気が出て来そう。

 

モンモンモンモン

頭がかーーーっと熱くなる感覚。

「最悪」

話している言葉と、頭の中のモンモン状態が噛み合わない。

 

目の前の技師さんは、素早く、電極を取り、

頭のいろんなところに付いたネチョネチョとした糊を

一生懸命、濡れたタオルで拭いてくれた。

 

その様子を見ながら、「むしゃ美、寝なかったね」と

優しい言葉は出てくるものの、頭の中は噴火状態。

 

私の口から、攻撃的な言葉が出て来なくて良かった。

 

全て終わって、検査室を退室した。

 

怒りの感情爆発

検査室から小児科へ寄って、戻って来たことを看護師さんに伝えた。

きっといつもと変わらないであろう、看護師さんの対応にも、どこか冷たさを感じてしまった。

 

そのまま、昼ごはんを買いにコンビニへ(病院内にある)。

私、怒りの感情爆発中。

でも、むしゃ美に怒っても仕方がない。

誰のせいでもない。

わかっているけれど、感情が治まらない。

 

コンビニでは店員さんが品出ししている。

それすら、邪魔に思えてくる。

イライラする。

お昼だから、人が多い。

通りずらい、イライラする。

 

「なんでこんなにイライラしているの?」と

自分に問いかける。

「どの感情が引き金で、怒りが出ているの?」

 

私の答えは

・悔しい、悲しい

・年末の診察で結果聞くために、無理やり今日検査入れてもらったのに、

 検査できなかった。悔しい。

・せっかく、2日間連続で、一人で1時間半かけて車で連れて来たのに。

・こんなに大変な思いをして、頑張ったのに、報われなかった。

 

「だから、悔しいんだ」

 

レジを済ませ、コンビニ前の机の広場に移動。

そして、机の上に携帯を出した。

 

X(旧Twitter)を開き、文章を書き始めた。

今の感情をツラツラツラツラ書く。

長文で(フォロワーの皆様、あの時は、タイムラインを乱しました、すみません)。

 

そしたら、ス〜っと怒りがどっか行った。

消え去った。

 

やっと気持ちが落ち着き、冷静に戻れたので

昼食を食べて。むしゃ美にもご飯をあげて。

ホットコーヒーを飲みながら、帰宅した。

 

怒りの感情に向き合うと、消え去った

自分の感情が怒っていたり、正気ではないときは、

冷静に物事を捉えることができず、

ネガティブ感情に陥ったり、さらに怒りがヒートアップされたり。

自分の力ではどうしようもなくことが多々ある。

 

怒りというのは、「二次感情」だそう。

だから、元の感情はなんなのかがわかれば良い。

今回の私の場合は、「悔しさ」→「怒り」に変わっている。

なので、

「悔しんだね」と自分に声かけてあげると、消え去った。

 

おかげで、ルンルンで、帰宅することができた。

良かった、一安心。

攻撃的にならなくて済んだ。

 

とりあえず、

次回の診察で今回の検査がとれているか、とれていないのかがわかる。

とれていなくても、次とれば良いだけ。

うん、それだけ。

誰のせいでもないからね。

 

でも、私、今回のこと、反省した。

むしゃ美。成長で昼寝の時間が短縮している。

次の対策を練らねば。

 

母の想い

30代 元作業療法士 専業主婦
長女(むしゃ美)の病気や障がい、リハビリや発達
障害福祉サービス
今までの経験、気づき、考え方などを発信中
ーーーーーーーーーー
むしゃ美(長女)
卵円孔早期閉鎖、動脈管開存症(Ope済)
脳室周囲白質軟化症(PVL)、脳出血、点頭てんかん(服薬中)
脳性麻痺に対して、PT・STあり。発達ものすごくゆっくり

むしゃ子をフォローする
むしゃ子をフォローする
むしゃむしゃブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました