プロンボード(立位台)、カーシート、2台目の座位保持椅子を注文

制度・サービス

こんにちは、むしゃ子です。

現在、福祉用具を注文中です。

前回は、小児用バギーと座位保持椅子について紹介しました。

今回は申請の第2回目である

プロンボード(立位台)、カーシートについてです。

では、どうぞ。

 

ブロンボード(立位台)

現在、むしゃ美は短下肢装具(AFO)があります。

ただ、立位保持の練習をするためには

この装具だけでは保持が難しい状態。

本来なら、両足長下肢装具(脚の付け根まである装具)が必要なレベルです。

なので、長さが膝下までのAFOで立位保持を介助するには

介助者(私)の負担が大きいです。

 

ただ私の希望は

「家で、もっともっと立位や起立着座の練習をさせてあげたい」

 

そこでPTの先生に相談したら、立位台があることを教えてもらいました。

 

 

必要だと思った理由:

・踵への刺激で骨の強化ができる

 (足部に体重をかけることで、骨の形成を促すことができるそうです)

・全身が安定するため、しっかり踵を地面に付けて、保持することができる。

 (私が介助するとどうしても本人は不安定になり、装具をつけていても踵が浮いてしまう)

・姿勢保持するための筋肉に刺激を入れることができる

・私が「楽」して、むしゃ美が立位の練習ができる

 

「もっと立位をとる練習を自宅でさせてあげたいのに」

「私の体力があまり続かず、思う存分やってあげられない」

 

でもこの立位台があれば、「私が楽できるし、思う存分できる!」

直ぐに注文することになりました。

 

母は我が子のためなら、いつも必死ですね(笑)

正解はわからないけれど、やれることはやります!!

 

カーシート(きさく工房さん)

現在、チャイルドシートを使用しています。

2歳にもなると体が大きく、前向きになるのですが

首と腰が座っていない、むしゃ美は

大きく前方に傾きます。

 

チャイルドシートの構造上

肩のベルトは左右それぞれ縦のライン。

いくらしっかりと固定したところで

次第に緩み、その隙間からむしゃ美は前方に崩れてきます。

 

 

「まぁ、こんなもんか」と思っていたのですが

ふと、考えてみると

「これ、もし交通事故でも起こったものなら。。。。。」

 

これだけ自由度があるということは

何か起こった場合、大きく首と体が持っていかれる。。。。

 

「怖。。。。。」

 

と素直に想いました。

 

と同時に、ちょうど上記のプロンボードを申請するにあたり、

なるべくこの機会に福祉用具は購入しておきたいと思い

直ぐに、カーシートも追加することになりました。

 

座位保持椅子がきさく工房さんで

カーシートも形は同じなので、すぐに決まりました。

 

必要だと思った理由:

・チャイルドシートでは、前方への体幹の崩れを防ぐことができない

・座位保持椅子同様、首と体幹をサポートし、姿勢を綺麗に保持できる

・何かあった時に、前方への体幹の崩れを防止することができる

 

2台目の座位保持椅子(きさく工房のPetⅡ)

1台目と同じものを申請。

保育園用にも注文ができると以前から聞いていて

この4月から児童発達支援が始まったので

センターに置くためのものをもう一台申請することになりました。

 

本当は1回目の時に全て一気に申請した方が

自己負担額は安かったのですが

プロンボードが欲しいと思い立った時がその時だったので

仕方がありません。

 

むしろ、あとからプロンボードが欲しいと思い立ったおかげで

カーシートも2台目の座位保持椅子も欲しいと思えたので

全く悔いはありません。

 

何事も捉えようですね。

 

以上です!最後まで読んでくださってありがとうございました。

制度・サービスリハビリ・発達

30代 元作業療法士 専業主婦
長女(むしゃ美)の病気や障がい、リハビリや発達
障害福祉サービス
今までの経験、気づき、考え方などを発信中
ーーーーーーーーーー
むしゃ美(長女)
卵円孔早期閉鎖、動脈管開存症(Ope済)
脳室周囲白質軟化症(PVL)、脳出血、点頭てんかん(服薬中)
脳性麻痺に対して、PT・STあり。発達ものすごくゆっくり

むしゃ子をフォローする
むしゃ子をフォローする
むしゃむしゃブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました