卵円孔早期閉鎖についてわかりやすく解説 〜①赤ちゃんの心臓のメカニズム編〜

病気・手術

この記事では卵円孔早期閉鎖らんえんこうそうきへいさについて、なるべくわかりやすく解説しています。

たくさん書くことがあるので、記事を3つに分けています。

今回は①赤ちゃんの心臓のメカニズム編です。具体的に卵円孔らんえんこうはどの部位にあるかどのような役割をしているかなどを書いています。

(むしゃ子(筆者)は作業療法士、むしゃ夫(筆者の夫)は診療放射線技師。二人でまとめました。)

また、2人とも医療職とはいえ専門外の分野なので、もしかしたら認識に相違があるかもしれません。その点はご了承ください。

(心臓の画像はいらすとやさんの画像に加筆しました。いつも、ありがとうございます!)

そもそも卵円孔とは。お腹の中にいる赤ちゃんにあるもの

心臓は四つの部屋に分かれています。

心臓の上半分は「心房しんぼう」、下半分は「心室しんしつ」と言います。

また左右に分かれているので、それぞれ「右心房うしんぼう」、「右心室うしんしつ」、「左心房さしんぼう」、「左心室さしんしつ」という名前が付いています。

血管の名前に関して、右心室うしんしつから肺に血液を送り出すための血管を「肺動脈はいどうみゃく」、左心室さしんしつから全身に血液を送り出すための血管を「大動脈だいどうみゃく」と言います。

一般的な心臓内の血液の流れに関して、全身から帰ってきた酸素が乏しい血液(静脈血じょうみゃくけつ・青)は「右心房うしんぼう」に入り、次に「右心室うしんしつ」に移動して、肺に送り出されます。

肺にて、血液は豊富な酸素をもらい受けて、静脈血じょうみゃくけつ(酸素が乏しい血液)から動脈血(どうみゃくけつ酸素が豊富にある血液)になります。

さらに肺で酸素をもらった血液(動脈血どうみゃくけつ・赤)は「左心房さしんぼう」に入り、次に「左心室さしんしつ」に移動して、全身に送り出されます。

しかし、お腹にいるときの赤ちゃんは右心房うしんぼう左心房さしんぼうの間にある壁に穴が空いています。

それが「卵円孔らんえんこう」です。

卵円孔らんえんこうの他に、肺動脈はいどうみゃく大動脈だいどうみゃくを結ぶ「動脈管どうみゃくかん」という管もあります。

卵円孔らんえんこうにより血液が右心房うしんぼうから左心房さしんぼうに流れる現象が起こります。

動脈管どうみゃくかんにより肺動脈はいどうみゃくから大動脈だいどうみゃくへ血液が流れる現象が起こります。

一般的には呼吸をすることで肺に酸素を取り込み、その酸素の交換を肺で行います。

しかしお腹のなかにいる赤ちゃんは肺で呼吸はしません。

胎盤たいばんを通じて母親から酸素をもらうことで、お腹の中の赤ちゃんは生きることができています。

お腹の中にいる赤ちゃんは肺で呼吸をする必要がないので、肺への血流は極めて少なくなります。

胎盤を通じて母親から酸素をもらった血液は右心房うしんぼうに流れ込み、その大部分が卵円孔らんえんこうを通り左心房さしんぼうに流れます。

そして、その血液は左心室さしんしつに移動し、全身に送り出される仕組みです。

卵円孔らんえんこう動脈管どうみゃくかんがあることで、酸素を豊富に含まれた血液が肺へ移動するのを最小限にし、

卵円孔らんえんこうによりその大部分を左心房さしんぼうから左心室さしんしつへ移動することで、

速やかに全身に送り出すことが可能となります。

卵円孔、動脈管は出生後に閉じていくもの

お腹の中にいる赤ちゃんの肺は羊水ようすいなどで満たされています。

出生時、産道という狭い場所を通ることで、赤ちゃんの体が圧迫されます。圧迫されることで、肺の中にあった水がしぼりだされることになります。

圧迫されて、しぼりだされるように産み落とされると、赤ちゃんは強く空気を吸うことになります。

このときに初めて、空気が肺に入り、肺による呼吸が始まります。

この最初の一呼吸目に合わせて出てくる泣き声が、産声うぶごえになります。

そして肺が広がり、酸素が速やかに体に入り、酸素が豊富な血液がどんどん増えることで、心臓の内側に圧がかかり、生後数分〜数時間のうちに卵円孔らんえんこうが閉鎖します。

さらに動脈管どうみゃくかん肺動脈はいどうみゃく大動脈だいどうみゃくの圧力の差によって数日のうちに閉鎖します。

卵円孔らんえんこう動脈管どうみゃくかんが閉鎖され、右と左の心房しんぼうが独立することで、肺への循環と体全体への循環がしっかり確立されることになります。

まとめ

今回の記事では、赤ちゃんの心臓のメカニズムについて書きました。

卵円孔早期閉鎖らんえんこうそうきへいさについて理解するためには、まずは基本である、赤ちゃんの心臓のメカニズムを理解する必要があると思ったからです。

次の記事は②卵円孔早期閉鎖についての文献レビューについて書きました。

是非、そちらも読んでいただけると嬉しいです。

以上です!ここまで読んで頂きありがとうございました。

参考文献

・病気がみえる vol.2 循環器 第3版 2010  萩原誠久、松村譲兒ほか MEDIC MEDIA社

・病気がみえる vol.10 産科 第2版 2009 井上裕美、竹内正人ほか MEDIC MEDIA社

病気・手術

30代 元作業療法士 専業主婦
長女(むしゃ美)の病気や障がい、リハビリや発達
障害福祉サービス
今までの経験、気づき、考え方などを発信中
ーーーーーーーーーー
むしゃ美(長女)
卵円孔早期閉鎖、動脈管開存症(Ope済)
脳室周囲白質軟化症(PVL)、脳出血、点頭てんかん(服薬中)
脳性麻痺に対して、PT・STあり。発達ものすごくゆっくり

むしゃ子をフォローする
むしゃ子をフォローする
むしゃむしゃブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました