卵円孔早期閉鎖についてわかりやすく解説 〜③むしゃ美(長女)の場合〜

病気・手術

この記事では卵円孔早期閉鎖らんえんこうそうきへいさについて、なるべくわかりやすく解説しています。

たくさん書くことがあるので、記事を3つに分けています。

今回は実際に、長女であるむしゃ美はどのような状態だったのかについて、書きましたので、参考にして頂ければと思います。(まだ心臓のメカニズムの記事文献レビューの記事はこちらをクリックしてください。)

(むしゃ子(筆者)は作業療法士、むしゃ夫(筆者の夫)は診療放射線技師。二人でまとめました。)

また、2人とも医療職とはいえ専門外の分野なので、もしかしたら認識に相違があるかもしれません。その点はご了承ください。

むしゃ美(娘)の場合は出生後、仮死状態であった

今回、在胎週数ざいだいしゅうすう35週にて自宅で破水。かかりつけの診療所では37週以降ではないと出産が難しいため、受け入れてもらえる総合病院へむしゃ子(むしゃ美の母)は救急搬送されました。

病院に着いて少し時間が経った頃、エコー(超音波)検査を受けました。その際、普段ならすぐに終わる印象のエコー検査が、主治医の先生に加えてもう一人の先生も丁寧に時間をかけて見てくださっていました。

そして順調であることを軽く説明された後に、別の部屋で何やら先生同士で話をされていました。

この時に初めて、卵円孔早期閉鎖らんえんこうそうきへいさが確認されていたのではないかと私は思っています。

在胎週数ざいたいしゅうすう35週、2550gにて出生。出生直後は呼吸障害がありました。

分娩直後ぶんべんちょくご新生児しんせいじ状態に対する評価方法である、アプガースコア(10点満点で7点以上が正常。)は1分3点、5分5点、10分5点で重症新生児仮死状態じゅうしょうしんせいじかしじょうたいでした。

低酸素ていさんそ肺高血圧症はいこうけつあつしょうの状態があり、肺への血流を送ることが難しい状態であったため、

高濃度酸素こうのうどさんそ人工呼吸器管理じんこうこきゅうきかんり(酸素は肺につながる動脈を拡げる効果があります。人工呼吸器によって呼吸のサポートを行います。)

一酸化窒素吸入いっさんかちっそきゅうにゅう(肺にある肺細動脈はいさいどうみゃくと呼ばれる血管を拡げることで、肺の血流量を増加させることが目的。ホースが太くなると、水をたくさん流せるようになるイメージ。)

昇圧薬しょうあつやく(全身の血圧を上げることで、脳に血液と酸素を送ることが目的。)

などの治療が開始されるとともに、その日中に大学病院に転院になりました。

卵円孔らんえんこうが早い段階から閉じていたことにより、前回の記事でも述べたように、むしゃ美の左の心房・心室も発達不良な状態でした。また、これにより肺高血圧症はいこうけつあつしょうとなっていました。

さらに動脈管どうみゃくかんが開いており、通常なら自然と閉じていくのが、早産の場合はゆっくり閉じていくもしくは閉じていかない現象があるとのことでした。

むしゃ美の場合は完全に閉じることなく、3ヶ月に手術をするになりました(詳細は「動脈管開存症の手術〜入院中のエピソード〜前編」を参照ください)。

むしゃ美は全身の血液の循環が不安定で、その結果、脳や肺が出血する恐れがあったこと、人工呼吸器の管理に伴い、気胸ききょうを起こす可能性があること、新生児仮死しんせいじかしの影響で脳へのダメージによりけいれんを起こす可能性がありました。

しかし、むしゃ美は病院で高度な治療を受けることができたおかげで、上記のような様々な苦難を乗り越えました。

そして、生後13日目に面会で会えたときには呼吸器が外されて、元気に泣いていました。NICUの部屋全体に響き渡るように。

こんな手厚い治療を受けられたのも、すぐに大学病院に転院できたのも、全ては35週で前期破水ぜんきはすいしたために近医で診れず、たまたまNICUを持つ総合病院に搬送されたおかげ。

今振り返っても奇跡の連続だったなと思います。

もしむしゃ美に興味を持ってくださった方は、こちらの「むしゃ美(長女)誕生から現在にかけて」「出産場所について〜〜むしゃ美(娘)の経験から〜」も読んでくださると嬉しいです。

総まとめ

今回、むしゃ美が生まれて「卵円孔早期閉鎖らんえんこうそうきへいさ」という診断がくだりました。

この病気を診断された赤ちゃんの数が限られていることからあまり情報がなかったこと、今後診断された赤ちゃんが生まれる場合に参考になればと思い、記事にすることにしました。

この記事では、心臓の各部位の名称、メカニズム、さらにお腹のなかにいる赤ちゃんの心臓との相違を含めてまとめました。

さらに、現在世の中に出ている文献を検索して、必要な情報のみピックアップしてまとめています。

そして実際のむしゃ美の状態を詳しく書いているので参考にしていただけると嬉しいです。

なるべくわかりやすく、噛み砕いて説明しているつもりです。しかし、読んでくださっている方にとったら時々難しい用語が出てきてしまって、理解に困るかもしれませんが、ご了承ください。

読んでいて、質問や「ここ違うんじゃない?」という点があれば、お気軽にコメント欄にお願いします。

以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

参考文献

・病気がみえる vol.2 循環器 第3版 2010  萩原誠久、松村譲兒ほか MEDIC MEDIA社

・病気がみえる vol.10 産科 第2版 2009 井上裕美、竹内正人ほか MEDIC MEDIA社

病気・手術

30代 元作業療法士 専業主婦
長女(むしゃ美)の病気や障がい、リハビリや発達
障害福祉サービス
今までの経験、気づき、考え方などを発信中
ーーーーーーーーーー
むしゃ美(長女)
卵円孔早期閉鎖、動脈管開存症(Ope済)
脳室周囲白質軟化症(PVL)、脳出血、点頭てんかん(服薬中)
脳性麻痺に対して、PT・STあり。発達ものすごくゆっくり

むしゃ子をフォローする
むしゃ子をフォローする
むしゃむしゃブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました