身体障害者手帳を早々に取って良かった話

制度・サービス

こんにちは、むしゃむしゃブログに住んでいるむしゃ子です。

いつも読んでくださってありがとうございます。

今回は身体障害者手帳についてです。

長女であるむしゃ美は1歳の時に申請して、手帳を受け取りました。

当初は、むしゃ美が身体障害者手帳を取得することに対して、少し抵抗がありました。なんだか、むしゃ美に「障害者」というレッテルを貼っているみたいで。

しかし取得したことで、様々な公的な補助を得ることができました

今では、早々に申請して本当に良かったと思います。

手帳により、今現在どのような補助を受けられているのかを書きます。

読んで頂けると嬉しいです。

初めは、福祉用具を利用するためだった

私たち一家は、むしゃ美の1歳の誕生日に夫の異動により、他県に引っ越しました。

そのため、利用するリハビリ施設も変更になりました。

初めての受診日に主治医より、福祉用具の椅子を勧めてもらいました。

この椅子は首や腰が座っていなくても、しっかりと体をサポートし、良い姿勢を保たれるような作りになっており、脳性麻痺の患者さんの家族にはとても喜ばれるものだそうです。

その椅子を利用するためには、身体障害者手帳を交付する必要がありました。

使用するメリット・デメリット、様々なことを考えた結果、私たちはその椅子の利用をしないことに決めたのですが、いずれむしゃ美が歩く時に装具が必要となることはわかっていたので、装具作成する時期を待たずに、早々に手帳を申請することにしました。

申請から交付まで

申請するまでの流れを病院にて指導されて、その通りに動きました。

まず、身体障害者手帳の診断書を記入するための原本を市役所に取りに行き、病院へ提出。

診断書を書いてもらうためには2〜3週間かかりました。そして診断書を取りに行って市役所にて申請手続きをしました。

申請してから、交付までに3〜4週間かかり、3月の初めに交付されました。

3月中に手続きしないと、来年度から使用できない制度がたくさんあったので、内心焦りながらさまざまな手続きを行いました。

そして、身体障害者手帳2級が交付されました。

交付されてから、様々な制度の利用することができることを知りました。

むしゃ美が今現在、利用している制度

ここからはむしゃ美が実際に利用している制度です。市によって利用できる制度は変わりますが、少しでも参考になると良いなと思います。

制度の説明は市役所から頂いた資料である「障がい福祉のてびき」を参照しています。

  

特別児童扶養手当

20歳未満の重度の障がいのある児童を養育している保護者又は養育者に支給される制度で、児童扶養手当と併給できるものです。1級と2級があり、手当額は児童一人につき、1級は月額53,700円、2級は35,760円です。(令和5年9月現在 4月から物価高を反映し少し増額となったようです)

私も最近まで勘違いしていたのですが、この手当の等級と身体障害者手帳または療育手帳の等級とはイコールではありません。

※所得制限限度額が定められており、限度額を超えると支給はされなくなります。

障害児福祉手当

重度の障がいのため日常生活において常時介護を必要とする20歳未満の在宅の方に支給される制度で、特別児童扶養手当と併給ができるものです。この制度は「常時介護が必要」とする場合であり、受給は難しいかもと言われましたが、ダメ元で申請しました。

現状では、むしゃ美は発達が遅く、完全には首が座っていないこともあり、全ての場面で介助が必要と判断され、申請が通りましたが、発達していく中でいつかは支給停止されるとは思います。手当額は月額14,850円です。

※こちらも、所得制限限度額が定められており、限度額を超えると支給はされなくなります。

有料道路の通行料金割引

障がいのある方が有料道路を利用する場合、有料道路の通行料金の50%割引を受けられるものです。車の所有車が本人又は、親族などの介護者であり、台数は障害のある方1人につき1台のみ可能だそうです。ETC利用している場合はそのカードとETC車載器セットアップの証明書が必要でした。

自動車税・軽自動車税の減免

減免対象は障がいのある方が使用する自動車、もしくは家族の方で障がいのある方のために使用する自動車、又は障がいのある方が専ら障がいのある方のために使用する自動車について、1台に限り減免されるものです。

原則、車両の名義は障がいのある方の名義に限り、ただし身体障がい者手帳を交付されている方が18歳未満の場合は手帳に記載されている保護者でも良いそうです。

むしゃ美が乗っている車は私の車なのですが、私の車は親名義だったので、この機会に私名義に変えたことで、自動車税が0円になりました。

名義変更に初めて陸運局に行ったのですが、右も左も分からず悪戦苦闘しました。抱っこ紐で赤ちゃんを抱えた姿が珍しかったのか居合わせた方が声をかけてくださり、親身にサポートしてくださいました。

圧倒的感謝っ・・・!

おもいやり駐車場利用証制度

私たち一家が引っ越してきた県には、おもいやり駐車場制度というものがあります。

障がい者や妊産婦、けが人などで、歩行が困難な方の外出の支援を目的とした制度で、交付された利用証を車のフロントに置くことで、公共施設、商業施設、医療施設、金融機関等に設けられた専用駐車スペースを利用することが出来るようになります。

現状、むしゃ美は車椅子が必要ではなく、外出時はベビーカーもしくは抱っこ紐で移動するので、念の為利用証を持っていますが、私たち以上に必要とする大勢の方のためにまだ1度も使用していません。

この制度は41府県1市で導入されており、相互利用することができます。

障がいがなくても、けがで一時的に歩行困難な方や妊産婦の方も利用の申請をすることができます

みなさんの住んでいる自治体は導入していましたか? いざという時、利用できることを知っておくだけでも心強い制度ですよね!!

早々と申請して良かったと思った

私の場合、作業療法士という資格はあるものの、具体的に身体障害者手帳を交付されることでどんな具体的な制度を利用できるのか、恥ずかしながら知りませんでした。

今回、むしゃ美が身体障害者手帳を申請する必要があることを知って、少し躊躇もありました。なんだか、むしゃ美に「障害者」というレッテルを貼っているみたいで。

でも、装具を利用するためには、割引が効いた方が良いと思ったこと、そして装具作るときに速やかに作れるように前もって、手帳だけでも申請しておいたほうが、バタバタしないかなと思い、早々と申請することを決めました。

そしたら、申請すると様々な上記のようなたくさんの制度があることに大変驚きました。いや、本当に本当に驚きました。

私の場合、むしゃ美のこともあり、引っ越しと共に退職をしたので、現在は専業主婦です。しかし、夫の収入だけでは3人で暮らしていくのはなかなか難しいと思ったので、むしゃ美を見ながらの在宅での仕事ができないかと考えていたのですが。

こんなに補助してもらえることがわかり、大変ホッとしました。今は無理に仕事をしなくても良いのだと。大変ありがたい気持ちでした。

そして、本当に早く行動して良かったなと思います。2月初旬に申請して、3月の初旬に交付。そして、3月中に利用する制度の申請をしないと、4月から手当を手当を受け取れないこと(5月からになります)、自動車税に関しては、減免されるのが再来年度になってしまうので、早めに動いてくださいと市役所の方にも教えて頂きました。

初めは、身体障害者手帳を申請することにかなり躊躇していましたが、思い切って行動して、手帳をもらって、様々な制度を利用することができて、本当に良かったです。

まとめ

今回は、身体障害者手帳を早々と申請して良かった話でした。

手帳の申請を迷われている方がいらっしゃったら、私は是非申請してくださいとお伝えしたいです。

申請することで、様々な制度を利用ができ、大変お得だと思います。

これは、赤ちゃんだけではなく、成人の方でも同様です。

この記事では、むしゃ美が利用している制度を書きましたが、市によっては内容が様々ですので、もし手帳の交付を検討している方は最寄りの市役所を訪ねてみてください。

少しでも参考になれば、嬉しいです。

以上です。最後まで読んでくださってありがとうございます。

制度・サービス母の想い

30代 元作業療法士 専業主婦
長女(むしゃ美)の病気や障がい、リハビリや発達
障害福祉サービス
今までの経験、気づき、考え方などを発信中
ーーーーーーーーーー
むしゃ美(長女)
卵円孔早期閉鎖、動脈管開存症(Ope済)
脳室周囲白質軟化症(PVL)、脳出血、点頭てんかん(服薬中)
脳性麻痺に対して、PT・STあり。発達ものすごくゆっくり

むしゃ子をフォローする
むしゃ子をフォローする
むしゃむしゃブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました