「早産」を少しでも前向きに捉えられるように

母の想い

こんにちは、むしゃむしゃブログに住む、むしゃ子です。

昨日は、“世界早産児デー”でしたね。

私の長女、むしゃ美も35週の早産でした。

早産になったことについて、私の考え方を書いてみたいと思います。

興味があれば、是非読んで頂けると嬉しいです。

早産を自分の責任と感じ、さまざまな自分の行いを後悔した

私の長女である、むしゃ美は、35週で生まれました。

いわゆる、「後期早産」であり、早産のなかでも、お腹の中にいた期間は長かったむしゃ美。

しかし、心臓の病気(卵円孔早期閉鎖)により、出生時にうまく脳に血液を流すことができず、脳室周囲白質軟化症(PVL)という、脳の病気を発症してしまいました。

この脳の病気は、早産児に多く認められ、将来、「脳性麻痺」という症状が出てくる可能性があると、医師に告げられています。

そして、足の筋肉に力が入りやすく、「将来は歩くのが難しいかも」と言われています。

 

むしゃ美は、「心臓の病気」と「早産」の2つが重なったことから、脳の病気を発症してしまいました。

脳室周囲白質軟化症によって、脳性麻痺が将来出てくる可能性があるとのことでした。

心臓の病気があっても、早産ではなく正期産で産まれていたら(出産前に心臓の病気が見つかる前提です)、脳の病気は無かったかもしれません。少なくとも、もっと軽度だったと思います。

 

病気の経緯を考えれば、考えるほど、「早産」という言葉が引っかかりました。

「過去に戻ることはできないけれど、せめて、「早産」でなければ、

娘は脳の病気を患わなかったかもしれない」

「もっとお腹の中に留めてあげられていたら。。。。」

「あのとき、破水しなければ。。。。」

「あのとき、子宮内感染症を起こさなければ。。。。」

「あのとき、会陰マッサージをしなければ。。。。。」

「あのとき、あんな運動をしなければ。。。。。」

と、とことん自分を責めていました。

早く産まれてしまったのは自分の責任であると。

だから、「むしゃ美は病気を患ってしまい障がい者として生きていかないといけないのか」

「なんて可哀想なんだ。代わってあげたい」

「なんで、私たちの赤ちゃんが、こんな目にあわなければならないのか」

さまざまなことを後悔していました。

事実は1つ、解釈は無限大

今振り返ってみると、変えられない自分の過去を、ネガティブに捉えて、どんどん自分を落とし込めていたなぁと思うのです。

 

現在、私はある先生のところで、食事と栄養、そして思考と考え方について学んでいます。

女性のカラダと心+食の研究家であり、本「整う食事」の著者でもある、

豊永彩子先生です。

私は、オンラインサロンや様々な講座を受けて、この半年間で膨大な学びを得ています。

 

この先生がいつも言われている言葉。それは

「事実は1つ、解釈は無限大」

事実は1つ。

だけれど、捉え方は無限大。

自分がどのように感じるか、どのように考えるかは、無限大。

言うなれば、プラスにも捉えられるし、マイナスにも捉えられる。

だから、解釈は自由自在に変えられるのです。

だって、自分の単なる捉え方、考え方だから。

「自分の責任で早産になってしまった」は、私の解釈

今回の場合を考えてみると。

事実は、「早産になったこと」

解釈は、上記の私が思ったこと、全てです。

事実なのか、解釈なのかを確認するための自分への質問は、

「それは、誰かに言われたのですか?」です。

言われたのであれば、事実。

言われていないのであれば、解釈です。

今回も、「自分の責任で早産になってしまった」と考えているのは紛れもなく、私の解釈です。

早産は、母親のせいではない!

早産になったのは、母親のせいではないです。

早産になりたくて、みんな早産になっていない。

できれば、予定日近くまで、自分のお腹の中で育てたいと思っている。

だけれど、早産になるときは、そうなってしまう。

母が、出産日をコントロールができるなら、世界中に早産児だなんていないはず。

だって、みんな早産になってほしくないから。

それでも、やっぱり早産になってしまうのは、誰にもコントロールなんてできないし、

お産は、何が起こるのか、最後までわからない。

わからないんだもん。

だから、母のせいではないです!!絶対に!!

 

なので、少しでも前向きに「早産」を捉えられたら、良いなと思うのです。

事実は変えられませんが、解釈は変えることができます。

すぐには難しいかもしれませんが。これは、訓練が必要です。

私は「早産だった」からこそ、人生が一変した

私は、娘が早産になり、脳の病気を持って産まれて来たことで、

人生が一変しました。それもプラスの方へ。

早産だったからこそ、

・命の尊さを知った。

・同じ境遇のママさんに寄り添える力が身についた。

・発達がゆっくりで、むしゃ美は小児リハビリを受け、付き添いの私はそれを間近で見て、学ぶことができている。

(もともと作業療法士ですが、小児リハビリの知識は皆無でした)

・私は、合わないな〜と思っていた大学病院を退職できた。

・退職できたから、あるコミュニティに入ることができ、そこで自分が書くことが好きだと気づいた。

・コミュニティの先生の講座を受けて、初めて自分の「生き方」について、掘り下げることができ、自分には「貢献」することが何よりも心が満たされると気がついた。

・ブログをやってみたら、たくさんの同じ境遇のママさん達と繋がれた。

・そして、ブログを通して、社会に「貢献」できていることが何よりも嬉しい。

全ては、娘が早産だったから、今の私がいるのです。

「早産」を前向きに捉えられたら、こんなにたくさんの解釈が出て来ます。

今となっては、私は後悔していません。

全て、娘が持って来てくれた宝物だと思っています。

 

みなさんも、初めは難しいのかもしれませんが、

少しずつ、「早産」だったことを受け入れ、

前向きに捉えるようにしてみませんか?

まとめ

今回は、私の「早産」に対する考え方を書きました。

どんなお母さんであれ、「早産」した直後は、自分を責めがちになります。

私も、ものすごく辛かったです。

でも、少しずつでも良いので、月日と共に前向きに捉えられるようになり

自分を責めるのをなるべく最小限になるような、その助けができれば良いなと思い書きました。

以上です!最後まで読んでくださって、ありがとうございます!

母の想い

30代 元作業療法士 専業主婦
長女(むしゃ美)の病気や障がい、リハビリや発達
障害福祉サービス
今までの経験、気づき、考え方などを発信中
ーーーーーーーーーー
むしゃ美(長女)
卵円孔早期閉鎖、動脈管開存症(Ope済)
脳室周囲白質軟化症(PVL)、脳出血、点頭てんかん(服薬中)
脳性麻痺に対して、PT・STあり。発達ものすごくゆっくり

むしゃ子をフォローする
むしゃ子をフォローする
むしゃむしゃブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました