言語療法(ST)で学んだこと

リハビリ・発達

こんにちは、むしゃむしゃブログに住む、むしゃ子と言います。

むしゃ美は現在、リハビリを受けています。

今までは、理学療法(PT)のみ受けていたのですが、医療型短期入所をきっかけに、言語療法(ST)も追加されました。

私は作業療法士(OT)であり、口の中の発達や飲み込みに関しては専門外なので、初回に受けた時にさまざまな学びがありました。

少しでもシェアさせて頂きたいと思います。

興味があれば、是非読んで頂けると嬉しいです。

きっかけは医療型短期入所であった

これまでの記事で書いた通り、むしゃ美は日帰りの医療型短期入所を利用しています。

午前中から午後の夕方まで、むしゃ美を預かってもらうので、昼ごはんは病院で摂ることになります。

利用直前に、栄養士さんから、事前に食べている食事内容について聞き取りがありました。

私は「未だに離乳食後期です。おかずを細かく刻んであげないと、飲み込んでしまって、オエっとしてしまいます」とお伝えしました。

そしたら、次のリハビリの時に、理学療法士の先生から、「言語療法が処方されました」と言われ、担当の言語聴覚士の先生と顔合わせをしました。

それから言語療法が開始となりました。

理学療法は月3回ではありますが、言語療法は月1回。

口腔内の動きや発達などは専門外なので、毎回、勉強になることがたくさんありました。

STの先生から教わったこと

①食べる時は、スプーンの先端を下唇に乗せ、上唇がおりてきて、口が閉じるのを待つ

むしゃ美の状態:下唇にスプーンの先端を軽くのせても、上唇が下りず、口が開いたまま。本人は口の中に入ってくるのを待っている。

先生からは「なるべく本人が口を閉じるのを、待ってあげて」と教わりました。(下の図参照)

普段から私は、時間に追われていることが多く、いつも急いで食べさせているので、むしゃ美にご飯をあげるときは上顎にこすりつける、または口の中にどんどん入れていました。

STの先生に教えてもらってからは、なるべく実践しようと努力しています。

むしゃ美の場合、食べ始めの集中力がある間は協力的なのですが、

お腹がだいたい満たされて、次第に集中力が切れてくると、遊び出して、食べてくれなくなるので、

そうなると、私はむしゃ美の口へ強制的に、放り込みます。

本当はダメなのかもしれませんが、そうしないといつまで経っても食べ終わりません。

むしゃ美の集中力がある間や、自分の心に余裕があるときは、この方法で食べさせています。

 

②噛む習慣をつける

むしゃ美の状態:口の中に入ってきた食物をそのまま飲み込んでしまう。噛む習慣がない。

舌の中央にスプーンで食物を置いてしまうと、そのまま飲み込んでしまうので、左右それぞれの歯茎に乗せてあげると良いと。

形態はある程度、固形のものを。

むしゃ美の場合は、歯茎の上に乗せてあげると、「オエッ」となることがとても少なくなりました。

なるべく食事をするときは、心掛けています。

 

③噛む力をつける。

大きめに切ったハンバーグや、お肉、唐揚げなど何でも良い。

ガーゼに包んで、それを左右どちらかの歯茎の上に置いてあげる。

そうすると、本人はしっかり噛むことができる。

しっかり噛むことで、布の隙間から肉汁が出てくるので、本人も食べた気になれる。

噛み砕いたら、ガーゼから取り出し、残った細かくなったものを食べさせる。

この方法を聞いたときは、「こんな方法もあるんだ!」と、とても驚きました。

ちなみに、これは未だにできてません。。。。

 

④飲み物を飲むときは、口はほぼ閉じた状態で、上唇と下唇の狭い隙間から少しずつ飲み物が入っていくようにする。

むしゃ美の場合:飲む時に口を大きく開いた状態で飲むので、大量に飲み物が入ってしまい、咳き込んでしまう。

その場合は、私は口が閉じるように下から顎を支え、なるべく口が閉じた状態にして、その隙間から少しずつあげること。

しかし、むしゃ美の場合は私が顎で閉じようとしても、むしゃ美の顎の力が強く、私が抵抗できず、大量に入ってしまい咳き込むので、とろみ剤を使うことになりました。

 

①〜④以外に教わったことは

「オエッ」となる原因として、食物残渣という、口の中に残された食べ物の残りカスが口の中に残ってしまって、それが徐々に喉へ行ってしまい、「オエッ」となる可能性があるとのこと。

おかずが、ものすごく細かくなってしまった場合は、とろみをつけて、固まりになりやすいようにしてあげると、良いとのことでした。

実際に家でやってみたが食事時間がかなりかかる

リハビリ中に、家で行うべきことをたくさん教えて頂き、そのときは

「ほーーーーー!なるほど!家でもやらなきゃ!」と思ったのですが、

いざ、自宅でやってみると、ものすごく時間がかかりました。

食事時間が1時間以上かかる。

なので、毎食練習は難しいけれど、

自分が心と時間に余裕があるときに、挑戦していきたいなと思いました。

まとめ

今回は、現在言語療法を受けていて、実際に、先生から教わった内容をまとめました。

「なるほど!!」と思ったことがたくさんあり、大変勉強になりました。

少しでも、参考になれば良いなと思います。

以上です!最後まで読んでくださって、ありがとうございます!

リハビリ・発達

30代 元作業療法士 専業主婦
長女(むしゃ美)の病気や障がい、リハビリや発達
障害福祉サービス
今までの経験、気づき、考え方などを発信中
ーーーーーーーーーー
むしゃ美(長女)
卵円孔早期閉鎖、動脈管開存症(Ope済)
脳室周囲白質軟化症(PVL)、脳出血、点頭てんかん(服薬中)
脳性麻痺に対して、PT・STあり。発達ものすごくゆっくり

むしゃ子をフォローする
むしゃ子をフォローする
むしゃむしゃブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました