大事件!スズメバチの襲来。後編

出来事

私、むしゃ子の家にキイロスズメバチの巣が発見されました。

発見してから、毎日家の中でスズメバチと遭遇する毎日が始まりました。

家の中でスズメバチに遭遇し始めてから、巣が発見されるまでのエピソードを前編で書いていますので、そちらを読んでいない方は、そちらから読んでくださると理解しやすいかと思います。

この記事は、蜂VS夫の対決の様子と、意外なある家電がとても役に立ったエピソードを書いています。

こちらも読んでいただけると嬉しいです。それではどうぞ!

蜂VS夫。どちらが勝つの??

キッチンから廊下に出た蜂はしばらく、天井にいたそうです。天井を歩いていたイメージ。

蜂退治と聞いて真っ先に浮かぶのは、蜂用の殺虫スプレーでしょう。我が家も、天井裏に巣があると分かってすぐに購入していました。しかし注意書きをよく見ると、、、そう!屋内使用禁止!!!

というか、屋内で使えるスプレーはおそらく存在しない。。。

一応、人体に大きな影響のない成分のものを購入していましたが、充満すると中毒症状を起こすそう。

娘のむしゃ美のことを考えるとなるべく使いたくありません。

夫は、刺激を与えることで蜂が襲ってくると思ったようで、一発で仕留めるべく慎重に、叩く用に丸めた雑誌を片手に隙を伺いますが、なかなか射程距離におさまりません。

そこで、蜂が歩くのをやめて天井で立ち止まったところで、ある家電を使ってみることにしました。

それは「Dyson」のコードレス掃除機です。私の家ではちょうど廊下に立てかけてありました。

掃除機の先には通常、床を掃除するときのヘッドが付いていますが、それを取り外し、円筒の先端(アタッチメントの付いていない状態)を蜂の近くに向けて、スイッチオン!!

しかし、吸引量が足りなかったのか、蜂の抵抗により吸うことができず。

さらに、蜂はいきなり大きな音が自分に向かってきたので、おそらくびっくりしたのと同時に怒ってしまいました。

それからはもう大変だったそうです。

蜂はあごを「カチカチ」と鳴らしながら、いっそう大きな羽音を立てながら、L字の廊下を行ったり来たり。激おこカチカチぶんぶん丸とでもいいましょうか、夫に威嚇してきたそうです。

夫の脳裏に浮かぶは、「失敗した失敗した失敗した失敗した」というどこかのアニメのフレーズ。。。

嘘です、そんな余裕はありません。右手にDyson、左手に最終手段の蜂スプレー、蜂に恐怖をおぼえながら必死に動向を見守っては、一定の距離を保ち、立ち回るだけ。虚しくも過ぎ去る時間。。。

おそらく20分くらい、蜂と戦ってくれていたと思います。

そうして蜂はやっと落ち着いたのか、それとも怒ったのを忘れてしまったのか、また天井を歩き始めたそうです。

蜂が立ち止まったことを見逃さず、先ほどの教訓を活かして、再び挑みました。

Dysonの掃除機を持ち、今度は掃除機の先端に隙間掃除用のノズルを付けて。

さらに先ほどは吸引力が足りなかったので、吸引力をハイパーモードにした状態で挑んだそうです。

蜂にまた刺激を与えないようにそーっとノズルの先端を近づけ、スイッチをオン!!!

そしたら、見事に、「スポッ!」と掃除機の中へ!!!

Dysonの掃除機なので、吸引されたゴミなどは外から見える構造なのですが、蜂が見事に吸われたのを確認!!。

さらに、ハイパーモードで高速回転させると、蜂はもうへとへと。ひっくり返って手足をピクピク動かしていて、ほぼ動いていませんでした。

そして、弱っていることを確認してから、玄関から外へ出て掃除機をパカっと開いて、蜂を地面に落として、踏みつけて退治終了。

踏みつけるときは、怒りをこめながら、「たくさんこわがらせやがって!!」と思いながら、踏み潰したそうです。

蜂VS夫。見事に夫が勝利しました。拍手!!

任務を終えた夫はもうヘトヘト。大汗かいていました。「怖かったーーーー!!!」と言ってました。

教訓を活かして。駆除の日が来るまでの数日間

それからは、毎日数匹の蜂に遭遇する日々。

廊下やダイニング、キッチンに入るときは私の場合はダンボの耳にして、蜂が動いているときの音が聞こえないか常に耳をすませて。

夫は、蜂がいないかどうかいつも天井を見上げるの生活。

一度寝室にいたときは、特にびっくりしました。

今まで1階にしかいなかったので、2階は大丈夫、安全であろうと思っていた矢先の出来事だったので本当にびっくりしました。

私がむしゃ美(長女)の寝かしつけをするために2階に上がり、授乳をしていたときです。

夏場だったので、エアコンの冷房の効いた部屋。寝るときは部屋の電気は消して、娘の布団の頭側に置いてある、スタンドライトの照明だけで眠るのですが。

授乳中に、またもや蜂が歩く音がしてふっと、スタンドライトのところに目をやると、蜂が!!!!

幸せな時間が一気に凍りつき、授乳で寝て行きそうにしていたむしゃ美(長女)をガッと抱え上げ、音を立てずに寝室を飛び出し、階段を駆け降り、1階の夫のもとへ!!!

「蜂がいた!!!!」と叫び、夫はDysonを持って2階へ行ってくれて、蜂を「スポッ!!!」と。

寝室にいた蜂は、今までの蜂と比べて、元気がありませんでした。多分冷房を効かせていてキンキンに冷えた部屋だったので、弱ったのかな?と思いました。

それからは蜂に遭遇することに慣れてしまい、家の中に蜂がいても驚かなくなったことを覚えています。

「あ、まーた蜂がいるよ。」と。

そして、Dysonを持って、「スポッ!!!」。との毎日。

夫が蜂退治の安全な方法が見つけてくれたおかげで、夫が仕事で家を空けているときでも、私は慌てず、蜂を「スポッ!!!」とさせて、退治できるようになりました。

本当にDysonの掃除機様様です。ありがとうございます!!!

遂にきた!巣の駆除の日!!!蜂の巣、大きかった。

やっっっっっっと、この日が来ました!

早速業者さんが来てくれて、屋根裏部屋へ行き巣を駆除してくれました。

その間、私たち一家は扉を閉めて、リビングで待機。

1時間ほどで作業が終了。これが我が家にあったキイロスズメバチの巣です。

(写真をクリックすると、モザイクが外れます。)

この巣を撤去してもらった後、戻り蜂対策として侵入口だった軒下に粘着シートが置かれました。

30分くらい置くと、このくらいの蜂が戻ってきました。

(写真をクリックすると、モザイクが外れます。)

やっとキイロスズメバチを駆除してもらい、家の中に蜂が出なくなりました。

むしゃ子一家、誰も刺されることなく、再び平穏な毎日が戻りました。めでたしめでたし。

まとめ 

今回、屋根裏部屋にキイロスズメバチの蜂の巣が気がつかないうちに作られた結果、家の中で蜂を何度も遭遇しました。

そのエピソードと、蜂を安全に退治する方法を自分たちなりに見出しました。

今回、関わってみてわかったスズメバチの特徴は

①明るい方へ向かう習性がある。

 昼間家の中に出てきた場合、外の方が明るいので、玄関や窓の方へ飛んでいきます。

 しかし、夜はどうしても家の中の方が明るいので、外に誘導することができず、退治する他はありませんでした。

②音に敏感。大声で叫んでしまうと、興奮させてしまい、攻撃を促してしまう恐れあり。

 今回Dysonの掃除機で吸い損ねた際、蜂も音にびっくりして興奮してしまい、廊下を行ったり来たりしていました。

③カチカチと音を出している場合は、蜂が威嚇しているということ。

 上記のように、刺激を加えてしまった後、廊下を行ったりしているときには、「カチカチ」という音をならして、威嚇していました。

④寒さに弱い。

 冷房の効いた寝室(28度に設定)で見かけた蜂は、動きが鈍っており、退治がしやすい状態であった。

私たちなりの蜂を安全に退治するベストな方法は

①Dysonの掃除機の先に細長いノズルを装着

②先端を蜂にそーっと近づけて、ハイパーモードで、スイッチオン。

③「スポッ!!!」と吸えたら、さらに高速回転。

④弱っている蜂を掃除機から出して、最後に踏み潰して、退治終了。

夏場になったら、念の為、蜂の殺虫剤も家にあると安心です。

何より手に負えないと思ったら少しでも早く業者さんに連絡を。

以上です。最後まで読んでくださってありがとうございました!

出来事

30代 元作業療法士 専業主婦
長女(むしゃ美)の病気や障がい、リハビリや発達
障害福祉サービス
今までの経験、気づき、考え方などを発信中
ーーーーーーーーーー
むしゃ美(長女)
卵円孔早期閉鎖、動脈管開存症(Ope済)
脳室周囲白質軟化症(PVL)、脳出血、点頭てんかん(服薬中)
脳性麻痺に対して、PT・STあり。発達ものすごくゆっくり

むしゃ子をフォローする
むしゃ子をフォローする
むしゃむしゃブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました