出産場所について〜むしゃ美(娘)の経験から〜

母の想い

妊娠すると、様々なことを決めないといけないので、私もその時期はよく混乱していました。

その一つである「出産場所をどこにするのか」について、私が娘であるむしゃ美を出産した経験から述べようと思います。

それぞれの出産場所のメリット・デメリットについてはネットで調べればたくさん出てくるので、他のサイトをご覧ください。

そのメリット・デメリットを把握した上で、実際に何を優先するべきなのか十分考えて、選んでいただけると良いと思います。

この記事では、出産場所を決めるにあたっての、一つの参考になれば良いと考えています。

結論から言うと

この記事で一番伝えたいことは「あなたが出産場所に選んだところの近くに、NICU(新生児集中治療室)を持つ病院はありますか?」です。

NICUとは「Neonatal Intensive Care Unit」の略で、新生集中治療管理室のことで、具体的には予定日よりも早く生まれた赤ちゃん(早産児)、体が小さく生まれた赤ちゃん(低出生体重児)、または何らかの疾患のある赤ちゃんを集中的に治療・管理する集中治療室です。

私の経験から、いくら妊娠期間に問題がなかったとしても、絶対大丈夫という確信はないということを頭の片隅に置いておいてほしいと思います。

全ての人が、NICUを持つ総合病院や大学病院にて分娩するということは難しいと思いますが、近くであれば、救急搬送して、すぐに高度な治療を受けることはできると私は思います。

なので、出産場所に選ぶところの近くに、NICUを持つ病院があると少し安心かなと思います。

以下は私の出産エピソードと出産直後のむしゃ美の状態から述べようと思います。

むしゃ美の場合

私の場合、妊娠初期から出産までの悪阻はなし、妊婦健診も異常なし、極めて順調に生活していました。

実家が他県でしたが、初めての出産・子育てで、夫婦二人で生活しながら子育ては難しいと思ったので、里帰り出産をする予定で、帰省しました。

私の実家は、田舎であり、徒歩圏内に丁度小さな産婦人科があり、そこで出産する予定でした。

言うなれば、その小さな産婦人科の診療所以外は、他に産婦人科がある病院はないほどの、ど田舎でした。

私の場合、妊婦健診も異常はなく、順調だったにも関わらず、予定日1ヶ月前(在胎週数35週)に突然自宅で破水しました。

出産場所を選んでいたところは小さな診療所だったので、37週以降でなければ分娩ができないということで、他の病院を探しました。

最も近い総合病院では36週以降でなければ受け入れてもらえないとのことであったため、救急車で1時間半かけてNICUを持つ総合病院に行きました。

そしてその日に陣痛がきて、9時間半後には出産しました。

陣痛から分娩も極めて順調で、やっと出てきて一安心と思いきや、出産直後、産声はなし、酸素濃度を保つことができず、小児科の先生、看護師さんと共に、その場が緊迫した状態が続きました。

そして、すぐにその場で挿管され(気管内にチューブを挿入・留置し、気道を確保する方法)人工呼吸器を繋げられ、酸素療法、一酸化窒素療法などの高度な治療をすぐに施してくださったため、むしゃ美は生き延びることができました。

原因は「卵円孔早期閉鎖」という病気でした。そして、その日に小児循環器がある大学病院に転院となりました。

退院時の主治医の先生からの説明では「出産後に適切に治療を施して頂いたのが本当に良かったと思います。もし産院で生まれていたら、間違いなく亡くなられていた方です。」と。

その説明を聞いた瞬間、鳥肌がたったのを今でも覚えています。

振り返って整理してみると。。。。

  • 破水は卵円孔早期閉鎖との関連がない。破水は子宮内感染が原因であること。なので、卵円孔早期閉鎖があったから破水したわけではない。
  • お腹の中にいた時から既に卵円孔早期閉鎖になっていたことで、出産時に呼吸障害が引き起こされ、生き延びるためにはすぐに高度な治療が必要であったこと。
  • 破水した1週間前の妊婦健診では、胎児の卵円孔早期閉鎖は見つかっていなかったこと。
  • もし在胎週数が37週であれば、その小さな診療所で出産、36週であれば、NICUがない総合病院で出産することになっていたこと。

すなわち、「35週で破水していなかったら、亡くなっていた」可能性があるということです。

様々な運が重なり、むしゃ美は生き延びて、今存在していると思います。本当に35週で破水したことによって命拾いしました。

なので、NICUを持つ総合病院で出産することになって、心から良かったと思っています。

まとめると

妊娠経過が順調でも、出産は何が起こるかわかりません。

なので、何か起こっても対応できるような総合病院(NICUを持つ病院)が近くにあると安心だと思います。理由は、出産後異常があればすぐに救急搬送することができて、高度な治療が速やかに受けることができるからです。

里帰り出産を考えている方は特に、自宅周囲の産婦人科がどのようなところがあるのかしっかりリサーチして、出産場所を選んでいただけると良いと思います。

以上です!最後まで読んでいただきありがとうございます。

母の想い

30代 元作業療法士 専業主婦
長女(むしゃ美)の病気や障がい、リハビリや発達
障害福祉サービス
今までの経験、気づき、考え方などを発信中
ーーーーーーーーーー
むしゃ美(長女)
卵円孔早期閉鎖、動脈管開存症(Ope済)
脳室周囲白質軟化症(PVL)、脳出血、点頭てんかん(服薬中)
脳性麻痺に対して、PT・STあり。発達ものすごくゆっくり

むしゃ子をフォローする
むしゃ子をフォローする
むしゃむしゃブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました