手と足を見つけるための促し方は、赤ちゃんの目の前で刺激を与えてあげること!

リハビリ・発達

こんにちは、むしゃむしゃブログに住む、むしゃ子です。

今回は、むしゃ美が手と足を見つけるまでの道のりと、

担当の理学療法士の先生がリハビリ時間に行っていた、促し方を書きます。

興味があれば、是非読んで頂けると嬉しいです。

通常なら、4ヶ月頃に手を見つける

手を見つけると、「ハンドリガード」という行動をするようになります。

ハンドリガードとは、手を目の前に出して見つめる行為のことです。

物を握る前段階と言われており、何度も口に入れたりするうちに自分の身体の一部だと認識できるようになるそうです。

 

具体的な行動として、例えば

・握りこぶしをつくった片腕を見つめる

・手の甲や手のひらを交互にひっくり返しながら手を見つめる

・腕をゆらゆら動かすのを見つめる

・手先をグー・パーと開閉するのを見つめる

・腕の前に両手をもってきて指先を合わせる

手を見つけたときの、赤ちゃんの反応はさまざまです。

「手を見つめる」「自分の手で遊ぶ」などの行動があることが重要そうです。

指しゃぶりは「手を見つけた」ことには、ならないことに衝撃を受けた

当時、4ヶ月頃のむしゃ美。

もちろん、手を見るなどの高度な動きはなく、

ただただ、口の中に指を持っていて、チュパチュパしている日々。

自分から、寝返りをしようとしない。

自分から、玩具に手を伸ばさない。

玩具に一切、興味を示さない。

自ら、動こうとしませんでした。

指しゃぶりをしていることが、「手を見つけた」というサインではなく、

指しゃぶりをすることで、自己刺激をすることで、

自分の身体を探している途中。

自分の内側で、遊んでいる。

そのような状況であると、理学療法の先生に教わりました。

私は、「指しゃぶりをしているのだから、もう手を見つけた」とばかり、思っていたのが、

どうやら違いました。

「まだだよ?」と先生に言われたときは、

「えーー!まだなのーーー!もう見つけたと思っていたーーー!」と、

心の中で叫んでいた私。

ショックではなく、単に、驚き。本当に驚いた。

この頃、友人の赤ちゃんとも会う機会があり、

同じ月齢でも、興味津々に玩具に突進している赤ちゃんを見ていたので。

「はて、むしゃ美は、ちゃんと手を見つけて、あんな風に、おもちゃで遊ぶ日が来るのかしら」と、純粋に思っていました。

手に刺激を与えてあげる関わりをした

リハビリの時間に理学療法の先生は、むしゃ美が手を見つけられるように、関わってくれました。

手のひらに、さまざまな刺激を与えていました。

 

具体的には

・手のひらに刺激を与える。

・体の中央で、両手を合わせてあげる。

・両手を合わせたら、パチパチと拍手をしてあげる。

・赤ちゃんの手で、本人の顔を触ってあげる。

・赤ちゃんの手で、本人の頭を撫でてあげる。

・赤ちゃんの手で、本人の足を触ってあげる。

・赤ちゃんの手と、母の手を合わせてタッチする。

全て、赤ちゃんの視界の中で、体の中央で行うこと。

すなわち、「ここに手があるよ〜」と思いながら、関わってあげること。

それが、大切なのかなと思います。

 

当時、むしゃ美は、あまりものを追いかけて、見る(追視)様子は見られず、

3ヶ月健診では、光刺激を追いかけることはありませんでした。

たま〜に、私を目で追いかけることはあったものの、

おもちゃを見ることはありませんでした。

 

先生が言うには、むしゃ美は

目で見ることはあまりなく、目からの情報が乏しい変わりに、

耳からの情報をしっかり入れている様子。

目からの情報が入って来にくいことから、

自分から動き出すことに、まだ不安があるのかもしれない

と、教えてくれました。

 

そして、ある日、11ヶ月頃、

むしゃ美が、手を見つめているところを発見!

私が発見したのではなく、先生が見つけてくれました。

期待していた行動ではなかったので、

私は、気が付きませんでした。

興味があれば、前回の記事を読んでみてくださいね。(こちらをクリック)

通常なら、5ヶ月で足を見つける

4ヶ月頃に、手を見つけて、今度は、5ヶ月くらいに足を見つけるそうです。

足を見つけたら、いよいよ寝返りができるようになるそうです。

 

具体的に、足を見つけた時の行動は

例えば、

・足を両手で掴む。

・足を両手で掴んで、口元へ持っていって、舐める。

・足を使っておもちゃで遊ぶ。

「足を掴む」「足で遊ぶ」などが出て来たら良いのかなと思います。

手と同様に、足にも刺激を与えた

足を見つけることを促すこと。

リハビリの時に、先生が行っていた方法です。

 

具体的には

・左右の足の裏同士を、ピタッとつけてあげる。

・ピタッとつけて、パンパンと拍手のように付け合いっこする。

・ピタッとつけた状態の左右の足を、赤ちゃんの手で掴ませてあげる。

・足を使って、ベビージムの玩具で遊んでみる。

手と同様に、全て赤ちゃんの視界の中で行います。

この時に、赤ちゃんのお尻の下にバスタオルを丸めたものを敷くと、

足の高さができて、本人は見やすいです。

ベビージムの玩具で遊ぶときも、同じようにバスタオルを入れてあげると良いと思います。

現在のむしゃ美では、身長が80cmもあるので、タオルを入れなくても、

十分、玩具に足が届きました。

バスタオルを入れるかどうかは、その子、その子で、

使い分けをしてあげてください。

むしゃ美が足を見つけたときの行動も、

別の記事で書いてますので、そちらもご覧ください(こちらをクリック)

必死になって、しなくて大丈夫!

上記のような、関わりは、遊びの中で、行ってあげてください。

「私が、この子の手足を見つけさせてあげるの!」と、母、自身がそんなにプレシャーに思うことはありません。

私は、自分に余裕があり、

今からむしゃ美と遊ぶぞ!と思ったときに、

このような関わりをしたくらい。

そしたら、気づいたら、むしゃ美が自分で見つけていました。

楽しんで、関わってあげてくださいね。

まとめ

今回は、赤ちゃんが手と足を見つけるために、どのような関わりをしてあげると良いか。

また、むしゃ美が、見つかるまでに、どのような状態だったのかを書きました。

むしゃ美の場合、手を見つけて、少し経った頃から、

少しずつ、自分から手を伸ばし、おもちゃにも興味を持ち始めた印象でした。

自分の身体のことがわかり、不安が少しずつなくなったので、

外の世界に踏み込んでいくようになったのかなと思います。

是非、少しでも参考になれば、嬉しいです。

以上です!今回も最後まで読んでくださって、ありがとうございます!

リハビリ・発達

30代 元作業療法士 専業主婦
長女(むしゃ美)の病気や障がい、リハビリや発達
障害福祉サービス
今までの経験、気づき、考え方などを発信中
ーーーーーーーーーー
むしゃ美(長女)
卵円孔早期閉鎖、動脈管開存症(Ope済)
脳室周囲白質軟化症(PVL)、脳出血、点頭てんかん(服薬中)
脳性麻痺に対して、PT・STあり。発達ものすごくゆっくり

むしゃ子をフォローする
むしゃ子をフォローする
むしゃむしゃブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました