むしゃ美の、手と足を見つけたときの反応

リハビリ・発達

こんにちは、むしゃむしゃブログに住む、むしゃ子です。

今回は、むしゃ美が、手と足を見つけたときの反応について、です。

よ〜くむしゃ美のことを見ていたつもりだったのですが、

一般的に見られる行動とは違い、気がつきませんでした。

興味があれば、是非読んで頂けると嬉しいです。

通常なら、4ヶ月頃でハンドリガードを認める

ハンドリガードとは、手を目の前に出して見つめる行為のことです。

物を握る前段階と言われており、何度も口に入れたりするうちに自分の身体の一部だと認識できるようになるそうです。

例えば、

・握りこぶしをつくった片腕を見つめる

・手の甲や手のひらを交互にひっくり返しながら手を見つめる

・腕をゆらゆら動かすのを見つめる

・手先をグー・パーと開閉するのを見つめる

・腕の前に両手をもってきて指先を合わせる

手を見つけたときの、赤ちゃんの反応はさまざまだと思います。

当時の私は、このような行動が出てくるのだとばかり思って、むしゃ美を観察していたのですが、

むしゃ美は、私の想像を上手に裏切ってくれたため、私は気づくことができませんでした。

肘を伸ばして、自分の握りこぶしを見ていた!

この頃、月1回、リハビリに通っていました。

理学療法の先生からは、

「手を見るようになった?」(職場の先輩なので、丁寧語ではありません)と、

リハビリに行く度に聞かれ

「いや、まだです。。。。」と私は、その都度答えました。

そして、先生はなるべく、手が見つけられるような関わりをしてくれました。

むしゃ美の前で、むしゃ美の手と手を合わせたり、

むしゃ美の手を、むしゃ美の頬っぺに触れさせてみたり。

そんな、リハビリが続いたので、私は

「早く、手が見つかってほしいな〜」と、思っていました。

当時、未だに手を見つけられていないときのむしゃ美は、

おもちゃに手を伸ばすことが一切なかったので、

「手が見つかったら、自ら手を伸ばすようになるんだろうな〜」と私は想像していました。

 

そして、ある日のリハビリの時、

いつものように、むしゃ美はリハビリのスタンバイのため、上向きに寝転んで、

先生がむしゃ美の動きをじ〜っと、観察していたとき

急に、先生が叫びました。

「見てる!手!見てるよ!!ほら!!」と。

そこにいたむしゃ美は、

上向きに寝転んだ状態で、

握った拳を、肘を伸ばして、天井向いて、腕全体を立てていました。

(当時の写真がなかったので、現在の写真です↓↓↓)

そして、むしゃ美は、薄目で、手を見ていました。

 

普段、むしゃ美は、あまり物を注視することがなく、

私とも、あまり目が合っているように見えないので、

いつも、どこを見ているのかわからないのですが。

その時の、むしゃ美の目線の先は、自分の握った拳がありました。

「すごい!!」と私も叫び。

先生は、「(手を)見つけてるじゃーん!むしゃ美ちゃん!!」と、

一緒になって、喜びました。

私は、手を見つけた時のむしゃ美の行動が、

自分の手をガン見したり、

手の甲や手のひらを交互にひっくり返しながら、じっくり手を見ていたりと、

すごく、わかりやすい行動をすると思っていたことと、

その自分の手を見つめている瞬間の姿が、むしゃ美が普段からするポーズだったので、

(むしゃ美は、首が左右どちらかに向いた時、向いた方の手を真っ直ぐ伸ばしてしまうという反射が残っています)

まさか、自分の手を見ているとは、全く気がつきませんでした。

 

この出来事から、完全にむしゃ美は、手を見つけていたんだと、

確信しました。

この日は生後11ヶ月の頃。

それまでは、全くおもちゃに手を伸ばさなかったのが、

この頃から、手を伸ばして、おもちゃを触るようになりました。すごい!

通常なら、5ヶ月頃に足の存在を知る

今度は、足についてです。

だいたい5ヶ月くらいから、足の存在がわかってくるとされています。

例えば、

・足を両手で掴む。

・足を両手で掴んで、口元へ持っていって、舐める。

・足を使っておもちゃで遊ぶ。

このような行動が見られると、「足を見つけたんだね」となります。

とてもわかりやすいですね。

足が見つかったら、いよいよ寝返りができるようになってくるそうです。

太ももを触った!足を使って、おもちゃで遊び出した!

家で過ごしている日でした。

この日は、何も予定が入っておらず、

私の心も余裕がありました。

むしゃ美はよく、両足をクッと持ち上げます。

股関節と太もも裏の筋肉が硬く、膝はあまり伸びないので、

足を上げると、M字になります。

 

ある日、「また同じような格好しているな〜」と、むしゃ美を見たときに、

むしゃ美の左手の位置に、目が行きました。

「左の太ももを触ってる!!!」と気付きました。

足を持ち上げたと同時に、左手で左太ももを触っていたのです!

 

むしゃ美の手を見つけたときの行動が、私の想像とは、まるっきり違っていたので、

この時の私、とても柔軟に、広く、むしゃ美を捉えてました。

「他の赤ちゃんとは、まるで違う行動をするかもしれない」と、思いながら、むしゃ美を観察していました。

そしたら、なんと!!やっぱり、予想と違いました。

「お母さんの目はごまかされないぞ!」(いや、初めから、ごまかそうとはしていない笑)

 

そして、理学療法士の先生に、家にあるFUNFUNジムのおもちゃを

足で遊べるようになると、良いよね!と言われていたので、

(家にあるFUNFUNジムとはこれです↓↓↓)

試しに、むしゃ美の両足の上にジムを置きました。

そしたら、なんと!

自分の足で、おもちゃを触って、遊ぶではありませぬか!!!(当時、足で遊んでいる写真がなかったので、手で遊んでいる写真です↑↑↑)

「すごい!!むしゃ美!足で遊べるのね!!足見つけたね!!」と

私は大喜びでした。

 

いつの間にやら、手と足を両方とも、見つけていたむしゃ美でした。

知らない間に、ちゃんと成長していたむしゃ美に感動しーっぱなしの私でした。

まとめ

今回は、むしゃ美が手と足を見つけた時の行動について書きました。

発達がゆっくりなのことと、脳性麻痺があるからか、

手や足の動かし方が、やっぱり柔軟ではないので、

きっと、このような行動になったのかなと、私は思っています。

当時は、無事に、手と足を見つけてくれて、ホッとしていました。

以上です!最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

リハビリ・発達

30代 元作業療法士 専業主婦
長女(むしゃ美)の病気や障がい、リハビリや発達
障害福祉サービス
今までの経験、気づき、考え方などを発信中
ーーーーーーーーーー
むしゃ美(長女)
卵円孔早期閉鎖、動脈管開存症(Ope済)
脳室周囲白質軟化症(PVL)、脳出血、点頭てんかん(服薬中)
脳性麻痺に対して、PT・STあり。発達ものすごくゆっくり

むしゃ子をフォローする
むしゃ子をフォローする
むしゃむしゃブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました