四つ這いの練習。私は太ももの上で行ってます

リハビリ・発達

こんにちは、むしゃむしゃブログに住む、むしゃ子です。

今回もリハビリの話。

最近、私がむしゃ美に取り入れている四つ這いの練習です。

是非、気軽に読んでみてください。

 

四つ這いが大の苦手なむしゃ美

四つ這いは、ハイハイの姿勢です。

これ、うちのむしゃ美は大の苦手です。

 

うつ伏せの状態からお尻を介助で上げて保持させようとすると

「びょーーーーん!!」って。

ロケット発射するようにむしゃ美が前進!!

むしゃ美には申し訳ないですが、私はいつも大笑いです。

こんな感じ↓

 

膝と股関節を曲げて、その姿勢でキープするのが大の苦手です。

(あ、でも以前よりはだいぶキープはできるようになりましたよ)

 

それから、体を反って手を床にずっと付けておくのが苦手。

どうしても、手を手前に引いてしまいます。

 

これは、脳性麻痺の特徴であると断定はできませんが、

少しは影響がありそうです。

 

むしゃ美は、背中の筋肉とお腹の筋肉を同時に、上手く使うことができないから、

どちらかの筋肉(特に背中)だけが、グググっと力が入ってしまいます。

私は、「筋肉のコントロールが苦手なんだ」と、理解しています。

 

四つ這いの場合、頭を上げながら、床に手と膝をつけ続けるのが苦手です。

頭をあげるのが首の背中側の筋肉を使います。

一方で、床に手や膝をつけ続けるのは、お腹の筋肉も必要になります。

 

しかし、むしゃ美はどうしても背中ばかり力が入りやすくなるものだから

キープが難しく、体を反って、手を引っ込め、足は飛行機のようにピーンとした姿勢になってしまいます。

 

だから、なるべく四つ這いの姿勢がキープできるように練習します。

そうすると、姿勢が保つことが少しずつできるようになり

更に、お座りの獲得に向けても良いと私は思っています。

 

四つ這いは修正8ヶ月くらいから

ハイハイは健康な赤ちゃんで、だいたい生後8ヶ月くらいです。

なので、むしゃ美の場合は、修正8〜9ヶ月くらいから訓練が始まりました。

 

でも、もしリハビリを介入されておらず、自宅でお母さんの判断でやられる場合は

急に四つ這いの練習をするのではなく、必ず発達段階を踏んだ上で行うようにしましょう。

 

確認して頂きたいのは、うつ伏せ姿勢で、on handの姿勢ができるかどうか。

On handとはこちら↓

手をついて、肘伸ばして、上体をあげている状態です。

 

逆にこのon handの姿勢が難しいのに、飛んで四つ這いの練習をすると、赤ちゃんにとってみれば、かなり難易度高めだと思います。

発達段階に沿って練習ができると良いと思います。

うつ伏せの練習についてはこちらの記事を参照ください(こちらをクリック)

 

四つ這いの練習

さまざまな練習方法があると思います。

リハビリでは、バランスボールを使用して行っていました。

この時、むしゃ美は機嫌良く、上手に姿勢を保っていました。

 

このバランスボールはピーナッツの型をしていて、リハビリ職には馴染みのあるアイテムなのですが、小児用なので、ものすごく小さいんです!!

「こんなに小さいピーナッツボールがあるんだーー!!」って感動でした笑

(私は大人のリハビリの経験はあるが、小児リハビリは未経験。新鮮でした笑)

 

自宅で行うときは、子のお腹の下に支えるものを敷きます。

バスタオルを巻いて、敷くのも良し。

ちょうど良い大きさのぬいぐるみやクッションを丸めて敷くのも良し。

私が最近、やりやすいな〜思うのは

自分の太ももの上にむしゃ美を置きます(置くって、おい笑)

 

 

でもこれだけだと、先ほどもお伝えしたように

むしゃ美は反り返ってしまい、手は曲がる、膝は伸びるで、到底四つ這いの姿勢にはなりません。

 

そしたら、強制的に膝が床につくようにして、足を曲げさせます。

私の足で。このように↓↓↓

(上から見た写真)

 

そうすると、体が反りかえるのを少しでも予防できます。

そして手を床につき、肘を伸ばしてあげます。

この時、私の手はむしゃ美の脇から手を入れて、上体をなるべく支えてあげると良いと思います。

 

この姿勢、もし子が体が大きく、自分の太ももだけでは高さが足りない場合は

自分の太ももを少しあげてあげて、子の体の大きさに合わせてあげると良いです。

 

肩周り、股関節周りや腹部の筋肉の力が入りやすい姿勢なので

少しずつ力が入りやすくなれば、姿勢保持もできるようになるのかなと思います。

 

是非、無理ない範囲で試してみてください。

 

今回はここまで!

最後まで読んでくださってありがとうございます!

リハビリ・発達

30代 元作業療法士 専業主婦
長女(むしゃ美)の病気や障がい、リハビリや発達
障害福祉サービス
今までの経験、気づき、考え方などを発信中
ーーーーーーーーーー
むしゃ美(長女)
卵円孔早期閉鎖、動脈管開存症(Ope済)
脳室周囲白質軟化症(PVL)、脳出血、点頭てんかん(服薬中)
脳性麻痺に対して、PT・STあり。発達ものすごくゆっくり

むしゃ子をフォローする
むしゃ子をフォローする
むしゃむしゃブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました